Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

SW71ML  開発秘話  Vol.2

 SW71ML  開発秘話  Vol.1 の続き →






初めから作り直すこととなった、

ジャーキング専用ロッド





SW71ML








まずは、センターピースで作った試作と
同じアクションを 1ピースのブランクで
作ることからです。












ワンピース初回のブランクは
パワーが過剰すぎてダメ出しを頂く。
なかなか事は運ばない (-_-;)











何度かの失敗を繰り返し、
同レベル(センターピースの最終プロト)まで
ブランクが出来た。
持ち運びを考慮して、
グリップ脱着のタイプとしました。

SW71ML










だが、まだ同じレベルである。
求めるのは 『 動き 』 を重視したアクション。












それは、
素直に曲がるブランクがあってこそ可能になる。
極端に曲がるクセがあったので、
これを解消していく。










ティップからベリー、バットまで無理なく曲がり、
追い求めていたアクションが出来ていく。












グリップ脱着タイプにして、別な利点も見えた。
ウェイトバランスをグリップ寄りになったことで、
モーメントが手元中心となり、
ジャーキング時の負担を軽減できたのです。












バット部の太さも、
やや太めにしたことも
バランスを良くした要因とも考えられます。











ここまで簡単に書いたが、
既に2シーズンの半ばまで来ています。
シリーズ発表まで、あと半年。
ギリギリまで調整が続きます












日本海側、太平洋側の小中河川。
また、都市型エリアを中心に、
実釣による最終調整を繰り返しました。













余談ですが、静岡でテストして頂いた方より、
磯でのテストでヒラスズキともファイトしたとのこと。
ハッキリ言って無謀…
足場の問題など、
無理なファイトを強いられた様だが、
トロフィークラスを手にしたと連絡を頂いた。
(真似しないで下さい…色々と危険です)













数か月後、納得のいくレベルとなった。

現代版ジャーキングロッドの完成です。














最後に…



このロッドは、ルアーを限定していません


ジャーク出来るモノなら、
スペック内であれば全て対象になります。








ジャークベイト、ペンシルベイト
リップレスベイトなど
何でも良いでしょう。










これは、ユーザー側に
遊び心を残して置きたかったのです。











1つのルアー専用といったモノを作るのも一理あります。
ですが、状況を把握し試すことに
釣りの楽しみがあると信じています。











だから、自由にルアーを操作して頂きたかったのです。










リーリング中心の釣りから、
アクションすることが中心の釣りへ。









これが正解かどうかは分かりません。
時には、それが全てを凌駕するかもしれません。










この楽しみを体感したとき、
新しい扉を開けることでしょう。
ぜひ、手にとってみてください。



  • にほんブログ村 釣りブログへ

SW71ML  開発秘話  vol.1

SWATロゴ3 






SW71ML  Jerkin'







釣りがマンネリ化したアングラーへ送る

ジャーキング特化型、マニア向けロッド。





SW71ML







このロッドを開発するにあたり、
当初は簡単に出来るモノだと考えていた。










それが、シリーズ中で一番長い時間と、
多くの試作を作るモノとなってしまったのです。










企画を考える発端は、
北陸のカリスマアングラーからの提案でした。










「 ジャーキングのロッドが欲しい 」









面白い!
こんなロッドを作ってみたかった。









しかし、既に他メーカーでも同じような
コンセプトのロッドは存在していた。










同じようなモノなら要らない。
作りたいのは、

現代版のジャーキングロッドであり、

唯一無二のモノである。








まず、3つの要素から。


・感度よりもルアーの 『 動き 』 を重視したアクション。


・連続するジャークによる負担を少なくするバランス。


・太目のラインシステムや
 ナイロンラインの使用も考慮した大口径ガイド。







このファクターを盛り込み、試作を作る事となったのです。











ガイド比較
左が71ML  右は83LML
ガイド径の大きさの違いが分かる













試作とテストを繰り返し、
理想に近づいたモノが出来きた。









長さとして 7ft ほど、パワーとして MLクラス。
何本もの魚をキャッチし、
OKを出す寸前で ストップ が掛かる。









それは、 2ピースだということ。
持ち運びを考えて
センターピースのモノを作っていたのだが、
ここで、考えが浅かったのに気づく。










上記に上げた要素のうち、

『 動き 』 を重視したアクションを求めていた。











それは、1ピースなら

更に良いアクションを出すことが
出来ないだろうか?…ということです。










どんなロッドでも、1ピースが理想である。
だが、持ち運びなどを考えて 『 継ぎ 』 になる。









今回の長さを考えると、
センターピースにする必要が無い。





バスロッドに例えると、
7ftクラスで1ピースのモノは多い。
それは、理想を突き詰めていくうち、
自然とそうなったのではないだろうか。










ブランクを作れるメーカーであって、
ここは妥協したくないところだ。










これが、開発を長引かせる事となる。








鉄芯(マンドレル)からの調整が必要になってくる。
むしろ全てが最初からになるのです。
既に開発が始まって、1シーズンが過ぎていた…。





→ vol.2 に続く。
  • にほんブログ村 釣りブログへ

New SWAT ~求めたモノは、個性~


SWATロゴ3



SWAT全体写真


既存アイテムのコンセプトを追求させたモデルと、
新たな分野にチャレンジするモデルなど、
個性豊かなモデルに仕上げました。

2005年、次世代モデルのシーバスロッドとして開発され
リリースされた『SWA
T』シリーズ。




スタンダードモデルに加え、翌年にはディスタンスモデル
ワインドモデル・フィネスモデルなど、
進化を続けるシーバスタックルに合わせたモデルを発表。

5年の歳月で素材・パーツにも進化が進み、
新たなルアーの発表が相次ぐなか、
より細分化していくタックルを求め、
2010年より開発がスタート。

メディアを賑わす月並みな言葉を付けたところで、
必ずしも良いロッドになるとは限らない。

『本物であること。』『王道であること。』

ただ王道であっても、
『個性を重視したモデルであること』に拘りました。

既存のアイテムにおいて、
当時の技術では成しえなかったブランクを、
最新の技術と2シーズンにおよぶ徹底した開発において
形にすることが出来ました。

SWATネーム部

今回発表するのは、シーン別に合わせた5機種。
港湾エリア、大型河川を中心としたモデルが中心となります。


2012年、TENRYUが発表するシーバスロッドは、
エゴイズムの塊といっても過言ではない
個性を持たせたシリーズです。


今後の追加機種など、目が離せないシリーズとなることでしょう。



http://fishing.tenryu-magna.com/shore/swat.html


  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー