Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ライトエギング 最上級モデル




BRIGADE  GRACE  C・N・T



GC83ML  ( Light Eging Custom )

























BRIGADEシリーズで



異色のシリーズである 『 BRIGADE KID 』 で提唱した



ライトエギングの血統を引くフラッグシップモデル。








































メバルやアジなど、



ひと昔までは主役となりえなかったターゲットが、



今ではメインとなる時代となりました。



それはライトタックルの進化が、



人気となった要因でしょう。



手軽にでき、簡単なタックルで楽しめるのが、



ライトタックルのゲームの良さというもの。



それを、エギングでも楽しもうという訳です。






































数釣りを楽しむのも『釣り』のうちですが、



それではゲームとは言えないかもしれません。



あえて難しいスレたアオリイカを狙うことや、



極細のPEラインで限界ギリギリのファイトを楽しむなど、



タックルの持つポテンシャルを活かしきることで、



1杯づつ楽しむのも面白いものです。



それなので、スペックもMAX表記をすることで、



下限を作るのをやめました。



メインラインの強さ、リーダーシステムの強さ、



ターゲットの大きさや、フィールドの状況など、



アングラーの技量次第で、楽しみ方は大きく変化していきます。
























ライトと書くと、



柔らかい(ふにゃふにゃ)ロッドのイメージと思えてきますが、



全体に張りがあり適度に曲がるブランクとなっています。



3.0号(15g)までを、しっかりとシャクリ切れる



パワーを持たせました。



3.5号(20g)となるとパワー負けしてしまいます。



初秋の新子イジメには、



右に出るモノも居ないほどのアイテムになり兼ねません。








































ある程度の自制心の元でお使い頂ければ、



ゲームロッドとして面白いアイテムになるでしょう。

 














 

 

BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC83ML  ( Light Eging Custom )


EGI : MAX 3.0号   Line : MAX 1号












  • にほんブログ村 釣りブログへ

北陸便り トップでチヌ

 


富山のジャンキーこと、


蔵野氏から釣果報告がありました。


船上からの報告でした。












トップでチヌゲームを楽しんでいるようです。


ロッドは、ブリゲイドKIDが面白いとのこと。






船は、いつもお世話になっている、


アルベルト 』です。







今年の能登半島は、好調のようです。


私も早く釣りに行きたい・・・。




  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー