Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

爆釣ティップラン in 能登




船の予約を入れたのは8月末。



既に予約が沢山入っており、



何とか滑り込みで10月中頃に予約出来た。



今回は、秋冬に数釣りが楽しめるティップランゲーム。























お世話になったのは毎年楽しませて頂いている



『アルベルト』米田船長さん。



チヌのトップゲームやロックフィッシュゲームなど



シーズンを通して人気の船だ。



ティップランが初めてでも、優しく教えてくれます。




























ご一緒して頂いたのは、



アウトドアステーション バンバンのS氏と、



釣り仲間お二人、M氏とS氏。



3人ともティップランが初めてとの事で、



便乗して 講師として同行させて頂いた。































当日の天気は雨。



実は、お三方とワタクシ…全員が雨男。



雨が降るわけである。



先日の台風が過ぎた後、



状況は上向きの様でマズマズの釣果を聞いていた。



ティップランは初めての方たちだったので、



ぜひとも釣って頂きたかった。




























































結果を先にあげると、『爆釣♪』



コツを掴んでからは、あれよあれよと数を重ね、



帰りのクーラーは満タンであった。



帰りの頃には全員が満面の笑顔。



皆が良い釣りが出来たのではないでしょうか。

























さて、今回の状況とタックル選びを紐解いていきたい。



ここの所15〜20m程の浅場での釣果が良く、



使うエギは25〜30g(3.5号サイズ)が当たっていた。



今釣行は、2〜4mの風速から徐々に強風に変わって行った。



こういった状況では、柔らかめのロッドがアタリを取りやすくなる。



弊社のロッドであれば、BGT76UL BTC76L がおススメだ。



ラインは適度に潮の抵抗を受けやすい PE0.6号程が良い。








































本来なら30〜40m程の水深を攻める時期であり、



もしこの深さであれば、35〜40gのエギが丁度よい。



ロッドだと BGT77ML BTC77M 辺りを選んで頂きたい。



風や潮が強くなればラインをPE0.4号に落とすことで、



アタリが鋭くなり、状況の変化に合わせてタックルを選んで頂きたい。



表面水温は摂氏20度程だったが、例年に比べると2度ほど低いようだ。



これからの時期は深場に落ちることを考えると、



浅場用と深場用の2種は用意しておくと釣果を伸ばせると思う。






















オカッパリでエギングを楽しんでおられた3人だったが、



ティップランの真髄に触れたことで、鼻息が荒くなっていた。



シンプルなタックルであるが、かなり奥の深くやり込み要素が多い。



これからがトップシーズン。



まだ未経験の方、ぜひ面白さを体験して頂きたい。














Staff : Funaki















JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

無風、無波、ティップラン!




久しぶりに能登方面へ。



朝晩の冷え込みが強くなってきた。



そろそろティップランが面白い季節だ。



昨年に続いて、今年もお誘いを頂いた。



アウトドアステーション バンバンさん ご一行と、



ティップラン講習会。



スタッフKは今回が初めてのティップランだ。



さて、今回はどうだろうか。



















1週間前までは、釣行事態が危ぶまれた。



…というのも、毎週末に台風が来ていたわけで、



たとえ海に出れたとしても、



波風が強いことだろうと思っていた。




















…が、


















当日は波風無く、至極穏やかな海だった。



お世話になった アルベルト の米田船長も、



「こんな凪は初めて」と語るほど。



毎回、風雨を連れてくる雨男の私にとって、



とんだ肩すかしを食らった気持ちだ。


















さて、実釣。



風が無く、潮も動きが鈍い。



ご存じの通り、ドテラ流しが基本のティップランには



ちょっと厳しい状況だ。



こんな時は、チョイ投げして広範囲を攻めるのが良い。



潮の抵抗がない場合は、ロッドを横にサビいて、



意図的にエギを平行移動させてみる。



イメージは、ショアティップランと同じですね。




























粘り強く探ると、ポツポツとアタリがある。



たまに魚も混じった。



厳しいと言いながら、皆顔は笑っている。



「キタッ!、バレタ〜」なんて言いながら、



アタリを取るのを楽しんでいるのだ。



爆釣も楽しいけど、



適度に難しいほうが熱くなる。



そんな状況を堪能した日だった。












































































追記



今年のイカ、平年より大きい気がします。





















Tackle Data




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




20〜30m水深向け


Rod : BRIGADE Grace TR BGT77ML


Reel : #2500class


Line : PE 0.4


Egi : DartMax TR 30〜40g


    Squide Seeker 25〜30〜35g





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






30〜40m水深向け


Rod : BRIGADE TR BTC77M


Reel : #2500class


Line : PE 0.4


Egi : DartMax TR 30〜40g


    Squide Seeker 25〜30〜35g




















  • にほんブログ村 釣りブログへ

北陸便り ティップラン



連続UPです。


蔵野氏、チヌの後はアオリです。


ティップランでボコボコだとか・・・。


今年の好調さが伺えます。











 ブリゲイドTRコンセプト が、本領を発揮する時期になりました。


















羨ましい・・・

















  • にほんブログ村 釣りブログへ

Magna-Flex製法  〜マグナフレックス〜

 マグナフレックス




異種素材同士を融合し、チューブラー状に加工する。
TENRYUオリジナル製法である。




フレックス ティップといった方が、
ご存知の方が多いことでしょう。




さて、今回は製法の紹介。




それぞれ違う特性のある素材として、
大別して『カーボン』と『グラス』の2種になる。
カーボンにおいても、弾性率の違いにおいても、
特性が異なってくる。




例えば、お馴染みのフレックス ティップにおいては、
トップ部が100%グラス、
それより下部が全てカーボン素材という
特殊なブランク成形が可能となっている。




HLJ64B-FL




今までのロッドにおいては、
ティップを極端にソフトにする場合、
ソリッド素材を、チューブラー素材に繋いでいた。




対して、この製法を活用すると、
全て、チューブラー状に出来ることもあり、軽量化が図れる。
また、カーボン素材においては感度の向上も見込めるのだ。

(補足として…極限に細い穂先は、ソリッド素材が向きます)



 

そこで、弊社のオリジナル商品において活用している、
2種のテクノロジーを紹介したい。


 

Glass Flex グラスフレックス

  グラス繊維とカーボン繊維。
  もしくは、グラス繊維とグラス繊維を、
  繋ぎ目を排しチューブラー状に加工。
  ソフトなティップとハードなバットが可能。

  →対象アイテム
   
ホライゾンLJ(ベイトタイプ)
   レッドフリップ(テンヤマダイ)

グラスフレックス
ホライゾンLJ (HLJ64B-FL ・ HLJ62B-FML ・ HLJ61B-FM)





Carbon Flex カーボンフレックス
 
  低弾性・中弾性・高弾性など、それぞれ弾性率の違う素材を、
  セクションごとに使用し、チューブラー状に加工。
  例えば、ティップには低弾性、ベリーには中弾性、
  バットには高弾性など、特性を活かしたブランクが可能になる。

  →対象アイテム
   
ブリゲイドTRコンセプト シリーズ (TR / ;(グレイス TR / TR SHORE)
   レッドフリップ(リアクションテンヤ)


カーボンフレックス
ブリゲイドTRコンセプト(全シリーズ)



各詳細においては、
ここでは全て語り尽くせない事も有り、
別の機会に紹介させて頂くことで、割愛させて頂きます。



この製法においては、
まだまだ未知数であり、
素材のFlexパターンを数値化すると
無限の可能性を秘めている。
今後の展開に注目して頂きたい。


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー