Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

3代目 Jerkin' Rayz RZ56L (改筆)



Rayz RZ56L ( Jerkin')


RZ56L


「Jerkin’」と書いて、Pro Set Trout (プロセット トラウト) を


連想された方は相当な天龍マニアと言ってよいだろう。


Cierry でも発表したモデルでもあり、Rayzで3代目。






ミノーのジャーキングに対応するために作られたのが


Pro Set Trout  Skippin' Jerk(通称 初代ジャーキン)



PST562J






時代は進み、ヘビー化するミノープラグに対応するため、


ワンランク上のパワーと張りを持たせたのが


Cierry CR53L  Jerkin'  (2代目ジャーキン) であった。



CR53L






さて、今作において求めたモノは、「しなり」。


ピンポイントへのアプローチを意識したことが、


ティップに『しなり』を持たせた要因の一つである。


フィールドに立つと、どこでも開けたポイントがあるわけでなく、


場合によっては手首だけを使ったキャストを強いられることも多々ある。


その際、ロッドへ十分な加重を感じられないと


ピンポイントへのキャスティングが決まりにくい。


そこで、ややソフトなティップにすることにより、


ルアーの荷重を感じ易くしキャスタビリティを上げている。






ベリーからバットにかけては、


ヘビーウェイトのルアー(5g前後)を軽快に操作できる強さを持たせた。


この強さは、張りよりも「コシ」と表現したほうがよいかもしれない。


シリーズの特徴とも言えるレギュラーに曲がることを意識して


ガチガチに固めるのでは無く、


適度に曲がるアクションを求め細くて粘り強いバットに仕上げた。






前作のシエリー CR53L Jerkin' に慣れてしまっている方などには、


少々柔らかく感じるかもしれない。


もっとダイレクト感を求めたければ、PEラインを使用すれば解消するだろう。


『しなやかさ』を持たせたジャーキンモデルということだ。



Jerkin
左から Pro Set Trout  ,  Cierry  ,  Rayz






※2012年4月17日に掲載したBlogを改筆しました。






(追記)


各地の渓流に足を延ばす機会も多くなったが、


このモデルは今でも欠かせないロッドとなっている。


汎用性の広さが何よりも魅力的で、


慣れてくると軽量プラグから重ためのスプーンまで


躊躇いなく使えてしまう事が使用頻度が高くなる理由だ。


何よりも細身のわりにバットパワーがあるので、


そこそこの大物が来ても何とか対処出来てしまうのが魅力である。


ここの所、この存在をスペクトラに奪われつつあるのだが…


やはり慣れ親しんだ感触は忘れないものがある。


定番というモノは何年経っても変わらない。


Staff Funaki











JUGEMテーマ:フィッシング













 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

だからこそ!




九州の倉永氏よりレポートです。



**********************





















最近は海が荒れていることもあり、



近場のニジマスを楽しんでいたが、



息子の希望で今回はヤマメ釣行をすることとなった。



選んだ河川は、6年程前までニジマス放流していたが、



現在はヤマメ放流に切り替わっており、



近年は大ヤマメの実績も出始めた河川である。





















過去の記憶から



子供も入れるポイントをチョイスしてキャストを開始する。



今回私が使用するのはレイズ53UL−BC



そして息子が使用するのがシェリー56ULである。



いずれも渓流や里川などの小場所にはベストマッチであり



アキュラシー性の高いロッドといえる。






















今回息子にシェリーを使わせたのには訳がある。



それは先にも述べたアキュラシー性の高さである。



特にヤマメに至ってはスプーンやスピナー、



マイクロプラグ等を使用し、



岩陰などのピンポイントを的確に狙う必要があり、



それが釣果にも大きく影響する。



しかし子供や女性など初心者の内は



キャストにバラつきがあり、



ルアーを引っ掛けたり、ミスキャスト連発で



魚をスレさせたりすることが多い。



本当に釣らせたければ子供だからこそ



良いロッドを使わせて、



技術を補ってあげたいと考えたのである。



何の釣りでも他人に釣ってもらうのは難しいですよね(笑)

























結果から申しますと



キャストはビシバシ決まり思惑通り!



息子も投げやす〜い と大絶賛!



これまでグニョグニョだったり



ピンピン過ぎる無メーカーロッドを使わせてすまないと



心の中で謝る(爆)



小場所でもポイントをしっかり狙えば魚は答えてくれる。



息子にもヒット!



ランディングしたのは小型のニジマスであった。



その後もポツポツと釣れるものの全てニジマスである。





















本命は何処へやら?



結局ヤマメは姿を見せなかったが、



ゲーム性の高い満足のいく釣行であった。



Kuranaga




















Tackle Data


*********************


Rod : Rayz RZ53UL-BC


Reel : Revo LTZ


Line : Fluoro 4lb


*********************


Rod : Cierry CR56UL


Reel : Twinpower 1000


Line : Fluoro 3lb


Lure : Bretton 3g


        Pri Spoon3.4g


        Noa 2.6g

 
        Pure 2.7g


























JUGEMテーマ:フィッシング






















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

解禁は雪と共に




今年も、南信地区に解禁日がやって来た。



シーズンの開幕日だ。



今回は近所の河川へ行くこととなった。



本来は北陸の大河へ行く予定であったが、



先日の大雪が予定を狂わした。



先週末、全国を襲った大寒波は、



各地に記録的な降雪をもたらした。



悪天候になることは予想していたが、



この大雪は予想を遥かに超えた。



未だに復旧出来ていない場所も多く、



早急に復旧されることを祈るばかりだ。




















さて、話は解禁の前日に戻る。



釣り仲間のT氏から入電。



「明日、行けるかな?」



「どうだろ?川まで辿り着けるかな…」



「とりあえず、見に行こうか」



入渓出来るか心配だが、行ってみないと分からない。



釣りが出来ないかもしれないけど、



チャレンジすることになった。




















朝、T氏を迎えに行く。



普段なら車で10分で着くところを、30分以上掛かってしまった。



街中が雪の影響で交通麻痺をしている。



近くの川なのに、とても遠く感じてしまう。



何とか川を望める橋に到着。



覗いてみるとユキシロの影響か濁っている。



上流部へ行こうかと迷ったが、



雪でスタックして帰れなくなりそうなので、



別の場所を見てみることにした。






















普段なら川の近くまで降りられる場所も、



道が雪で塞がれてしまっている。



ならば歩くのみ。



何とか1台分の駐車スペースを見つけて、



入渓に挑んでみた。



最初は、くるぶし辺りまで埋もれたが、



道を進むごとに膝下まで雪が高くなる。




















通いなれた場所だからこそ、入渓ポイントを読めたが、



初めての人は辞めたほうが良いですね。



岩と岩の間に隙間が出来ていたり、かなり危険です。
























何とか川辺まで辿り着いて、用意を始める。



水温を測ると、摂氏2〜3度。

















若干濁りは有るが、先ほどよりは良さそうだ。



ただ、見る限り生物反応ゼロ。



お気に入りのルアーを着けて、思い思いの場所を探ってみた。


















…反応なし。



途中、上流へ行ったT氏に電話したが、



返事は全くダメとのことだ。



しばらく頑張って探ってみたが、魚からの返事は無かった。





























清く退散することにした。



…が、この雪だ。帰り道も大変な思いをした。



雪に埋もれた崖を這い上がり、



足を高く上げて雪を超えて歩いた。



手は小傷だらけ。



渓流釣りって大変だ。



車まで辿り着いた時は、二人とも体力が限界だった。



でも、何か達成感はあった。



決しておススメしませんが、雪の川も面白い。



次回こそ釣れると良いな。



















Tackle Data


Rod :  RZ56L  &  CR56UL


Reel : #2000 Class


Line : MI207N 4lb


Lure : ぷらぐ屋工房 ミノー5cm


         ルアースタジオヤマト ミノー5cm



angler : Funaki   &   M・T
























JUGEMテーマ:フィッシング
  • にほんブログ村 釣りブログへ

修行 〜禁欲〜





先週に続いて今回も天竜川へ。



正直なところ、行くべきか迷った。



前日まで東北へ出張であった。



土曜日の晩に帰ってきたところ、



Tuboi氏からのラブコール。



T 「 明日、行くか!? 」



誘われて断る理由がない。



F  「 では………。」






















先週の釣行の翌日から



土曜日まで出張だった為、



身体には疲れが蓄積されている。



でも…家に居てヤキモキするなら、



いっそ釣りに出た方が精神的に健全だ。






















翌日、天気は 雪 時々 晴れ。



気温は、マイナス2℃。



先週よりは温いが、風が強い。



風速5〜10mくらいの強風。



体感気温はマイナス10℃に感じる。



心がホットだから大丈夫♪




















前回に気配があった場所を、



効率よく回っていく計画だ。



めぼしいエリアを重点的に探っていく。






















今回、持ち込んだタックルは、



シエリー CR74ML-PE



PEライン専用で作られた機種で、



レイズに比べると、ややソフトである。



繊細な操作がしたい時期なので、



細いPEで細かな動きを演出したかった。



また、伸びの無いラインを、



ソフトなブランクで衝撃を吸収。



バレを軽減してくれる。



少ないアタリを逃がさず掛けたい気持ちもある。





















5cmのDEEPダイバーのミノーから、



7cmのショートビルのミノーを



ローテーションしながら探ってみる。























先週よりもポイントでバッティングするアングラーが多く、



人気ポイントは足跡だらけ。



結局、この日も彼女達に会えなかった。




















冷えきった心を暖めるべく、



帰りにラーメン屋さんへ。



これからフィッシングショーなどで、



時間が取れない日が続く。



しばらくは、鱒釣りに行けない。



1ヶ月ほどのインターバルだ。



その間は、うちのスタッフに頑張って貰おうかな。




















Staff  Funaki


Rod  :  CR74ML-PE


Reel  :  #2500class



Line  :  PE #0.6




****************



Staff  Tuboi



Rod  :  RZ65ML



Reel  :  #2500class



Line  :  PE  #0.6

 

























 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

晩夏の渓へ



先日の土曜日、


夏の気配が色濃く残る渓を歩いてみた。







朝晩は19度ほどと涼しいが、


昼間は30度の夏日。


まだまだ、暑い日であった。







前情報では聞いていたが・・・


川に水が少ない。







今回の目標は、





秋の鱒 を探すこと。







少々、時期尚早かもしれないが、


産卵を意識して上流を目指す固体を狙っていた。







場所は、いつもの河川。






スタッフTが私の家に来たのが4時半、

川に付いたのが5時頃であった。






いつも、遅い時間に出ることが多かった。


『 早起きは三文の徳 』と、ことわざが有るが。


そろそろ、BIGなゲストが釣れて欲しいところ。










最初の入渓点は、


先行者の車があったので、


別のポイントへ移動。










次の入渓ポイントも、


先行の方が居た。









挨拶をしたところ、


下流側を狙うとのこと。







私たちは、上流側へ入らせて頂くことにした。







その時、嬉しかったのは、


先行の方が シエリー を握っていたことだ。


聞くところによると、8年以上ものヘビーユーザーであった。











大切に使って頂けているのを見ると、


本当に嬉しくなる。


ぜひ、長く愛用して頂けたらと思います。













さて、上流側へ歩みを進めるが、


水に勢いが無い。









実績があるポイントも、


静まり返っていた。









追ってくる魚も小型ばかり。








よく、7cmミノーに喰い付いたものだ・・・。









一度、車に戻って緊急会議。







アマゴが駄目なら、 岩魚 はどうか?







標高が高ければ、に近づけるかもしれない。








そんな考えから、


山を一つ越えた、山岳渓流に入ることにした。








岩魚が主体となる河川であり、


ヤマト種が色濃く残るエリアを狙うことにした。








途中、すれ違った車の方が、


TENRYUのキャップを身に着けていた。






たぶん、渓流師であったのだろう。


颯爽と軽トラで駆け抜けていった。


何かと天龍と縁がある日である。









細い道を抜け、入渓ポイントを探す。


青く透き通った水が流れていた。


水量は悪くない。










さっそく狙ってみた。







・・・が。







上流へ行けども行けども、


チェイスすら無い。






手を変え、品を変え、


色々と試したが私には反応が得られなかった。








2時間ほど登ったところで、


同行のスタッフTに大きなアタリがあった。





無事にネットに入れると、


特有の色をもった ヤマト であった。










サイズは泣き尺であったが、


この状況でなら、申し分ない。









いい年した男二人が、


一匹の岩魚を見ながらニヤニヤしている。


やっぱり釣り人は、変態なのだろうか。








素早く撮影を終わらせ、水に戻した。









その後、


散々、登ったが1バイト1バラシが有っただけで、


車に戻ることにした。








下山し、昼食をとる事に。








下界へ降りる際に、


川沿いを覗けるポイントがあった。


食事を取ったあと、このポイントを最後に決めた。








まだまだ暑い気温だが、


暗くのなる時間は早い。


釣りが出来るのは、


正味2時間くらいだろう。













上流域に比べると、


水量も増し、かなりゴツゴツとした岩が多い。


大物に期待した。









・・・んが。









そんな簡単には出ない。


1ヒット1バラシ。


それも、とても小さかった。









闇が迫ってくる前に、


退渓することにした。









いつも、この時期になると思うのだが、






井上洋水の 『少年時代』 を無性に聞きたくなる。







夏の夕暮れ時、


釣れなかった男が


トボトボと山道を歩いている。








中学生の頃と、あまり変わってないような・・・。


そんな感傷に浸りながら、


家路を目指した。









秋の鱒は、もう少し先の様だ。







***************************


TackleData


Rod : Rayz RZ56L


Reel : Twinpower 2000


Line : MI207N 5lb


Lure : MInnow 各種

       
Angler : Staff T 




***************************



Rod : Rayz ProtoType


Reel : Aldebaran


Line : MI207N 6lb


Lure : MInnow 各種

       
Angler : Staff F 















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー