Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

お隣の国より 〜Golden mandarin fish〜



韓国より釣果情報が届きました。












英名:Golden mandarin fish


和名:コウライケツギョ


韓国では ソガリ(쏘가리と呼ばれています。


このサイズにまで成長したのは初めて見ました。


ケツギョは60cm程まで大きくなると聞いたことがありますが、


ソガリの50upには驚きです。


Congratulation!!





TackleData

Rod : Magna-Impact HERETIC  MH66B-LL

Line : Fluoro 8lb

Lure : Metal Vibe






















JUGEMテーマ:フィッシング





















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

天龍Staffタイに行く2015 前編



今年もタイランドへ行く機会を頂けた。


展示会がバンコクで開かれる訳だが、


今回は昨年と違う会場になるようだ。


違う点はもう1つ。


釣りをする時間が取れた事だ。


昨年はスケジュールの関係で釣りを楽しむ時間が無かったが、


今年は釣りを楽しめる。






日本は5月の連休を向かえるころ、


僕らはタイの地に降り立った。


やっぱり暑い…。


解っていた事だが、


既に日本の真夏と同じ気温になっている。


湿度が高く体に纏わり着き、


相変わらず不快度指数はMAXだ。


暫くすれば体が慣れるだろう。


初日は移動だけで1日が過ぎ、釣りは2日目からだ。


昨年気になっていた、


バラムンディの釣り堀に行ってみたかった。


ガイド役は昨年もお世話になっているシゲさん。










案内して頂いた釣り堀は、『Pilot 111 Fishing Pond』。










8種の池を保有しバラムンディやプラーチャドー(雷魚)、


メコンナマズなど大型のターゲットが入っている。


レギュレーションは緩いようで


ルアーなら何でも使って良い様だが、


個人的にはハードルアーに拘ってみたかった。


勿論、全てバーブレスにする。


釣り堀だから簡単だろうと思っていたが…


なかなか難しい。下手をしたらデコもあり得る。


面白いのはレストハウスで食事が出来る他に、


小屋が各所に配置してあり


各々がユッタリとした時間を過ごせるようになっている。



















釣りだけでなくリゾートとして


楽しむことに主観を置いていることは、


日本の釣り場にも見習って欲しいと点だと思う。


それは時間を有意義に使うということだ。















釣果は、お目当てのバラムンディと


プラーチャドーが数匹遊んでくれた。


























タックルはバスロッドのミディアム、


もしくはミディアムヘビークラスのパワーが有れば楽しめるだろう。


ワイルドな魚だが、ルアーは色々と種類が欲しくなる。


表層なのか中層なのか、ボトムなのか…


バターンを掴んだ方は次々と釣り上げていた。


日本では味わえない面白さが有った。










気を付けないといけないのは、陽射しが強いといくこと。


ラフな格好で居たのが仇となり、


真っ赤に日焼けをしていまった。


少し暑くても肌は露出し無い方が懸命だ。


さて釣りは楽しめたので、


次回は展示会へ移っていこう。







TackleData

*************************

Rod:Magna-Impct MI66B-MH

Reel:EXSENCE

Line:PE#2

Leader:40lb

*************************

Rod : Prototype

Reel : #10class

Line : PE#1

Leader : 22lb

*************************

Lure:Woodream NO-NAME MINNOW

         Woodream NO-NAME CRANK

         TENRYU MI-CRANK 401

         RAPALA CD11 .etc

*************************

Angler:Funaki

























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

ヘルティックという異端児




開発秘話 ヘルティック編 第3話












MH66B-LL

















コンセプトは、



『 スパルタンなベイトフィネス系ロッド 』



C・N・T素材 を使って得られるモノとして、



驚異的なネバリ強度という面だ。



一般的にフィネス系となると、



どこか弱さが目立つ場合がある。



そこで新素材を使って強いフィネス系を



作ってみようとプロジェクトは動いた。


















サンプルを重ねること計7回。



最初の3回はアクション出しをメインに、



後の4回は硬さの微調整のためだ。



全機種同時に発売したかったが、



このアイテムだけ遅れて発売となってしまった。



妥協すれば簡単なのだが、



そこは竿屋としての意地みたいなもので、



とことん磨き上げたい。



そんな事をしていたら半年も遅れてしまった。



(発売を待って頂いた方、スミマセン)


















最初の2本のサンプルは、



何か物足りないモノであった。



キャストするだけならOKなのだが、



ファイト時にパワーが無い。



40cm程度のバスに負けてしまう程だった。



想定では50cm程でも負けない、



強力なバットパワーが欲しかった。


















同時並行でテストしていたスピニングタイプ、



MH610S-XLのパワーが凄いとレポートがあった。



そこで、このロッドをベースに、



サンプルを作ってみようとなった。






















































上記写真は、以前のログ『打ち合わせ』で



最終4本の絞り込みの一場面だ。



どうしても気になって、



試作サンプルを片手に



片道400kmを飛んできたキムショー氏の



熱意があった。(もちろん打合せして日帰り)



そして、擦った揉んだして出来上がった。


















C・N・T素材



Magna flex製法



マイクロガイド



全て最先端の技術を詰め込んである。



スペックだけでは計り知れないモノがある。



使った人でなければ分からない。



異端児 (HERETIC) の名を捧げるに相応しいロッドだ。

















Magna-Impact HERETIC


MH66B-LL









  • にほんブログ村 釣りブログへ

ヘルティックという異端児




開発秘話 ヘルティック編 第2話













MH610S-XL
































檜原湖や野尻湖など、



スモールマウスをターゲットとなると、



ティップはソフトだが



強い引きに耐えられるバットパワーが欲しくなる。



スピニングタックルで常用的に使われるリグとして、



ダウンショットやスプリットショット、



ライトキャロ、ノーシンカー等が挙げられる。



これらのリグのスペシャルモデルは



世の中に沢山存在するが、



上記の2湖において



全てを賄えるロッドが欲しかった。



ならば作ってしまえ…という訳。


















ティップは MagnaFlex製法 を活用し、



ソリッド素材の様な


『 食い込みの良さ 』を持ちながらも、



チューブラー状のブランクの為か感度の良さも秀でている。



このお陰で、ダウンショットや



ライトキャロなどでディープを狙った際に、



僅かなバイトさえも拾ってくれるのだ。


















片っ端からバイトを拾うが故に弊害があり、



魚のサイズを選んでいられなくなる。



それは小型のバスやギルなど



バイトさえも拾ってしまうからである。



それなので、最近は釣れない状況以外は



ルアーのサイズを上げて



小型の魚がバイト出来ない様にしている始末だ。

















スモールマウスバスは、魚体が40センチを超えると、



なかなか良いファイターとなる。



水圧の変化にも強く、



最後まで強い引きを味わえるのだが、



ティップが極めてソフトなロッドをチョイスすると、



一様にバットパワーが少ないモノになる傾向がある。



これはこれで面白いのだが、



流石に記録級のサイズを逃してしまっては、



悔やむに悔やみきれない。

















そこで、ティップはエクストラライトだが、



バットはミディアムライト級のパワーを持たせた。



更に C・N・T素材 で強化している。



これでディープレンジでのフッキングも決まり、



大型の個体の強烈なファイトにも耐えられるのだ。



















長さにも、コダワリが有る。



ライトキャロやスプリットショットを使う場合、



長めのリーダーを取りたい。



1m程度のリーダーを取った場合、



やや長めのレングスが欲しくなる。



また操作する場合も、



長いほどストロークを取れるので、



ズル引きする時には重宝する。



しかし長過ぎても煩わしいので、



バスをターゲットとした際に、



ちょうど良い長さに落ち着いたのが6'10"ftというわけだ。



















一般的には長く感じるかもしれないが、



軽量化とバランスにより長さを感じさせないと思う。



ボートのアングラーだけでなく、



レングスを活かした遠投能力も、



オカッパリアングラーにも即戦力となるだろう。


















ここまで書いて、良いことばかりだが、



唯一の欠点を書いておきたい。



ティップとバットとの差が極めて大きい故に、



強引なファイトをした際に



ロッドの角度を立てすぎると破損する場合がある。



この機種はバットが強い為に



2ランク上のパワーを感じてしまうので、



ミディアムライト級のロッドと勘違いして



ファイトしてしまうかもしれない。



弊社のロッド全てに言える事だが、ネバリは強い。



しかし、どんなロッドも折れないモノは無い。



折れ難いと表現した方が正しい。



ロッドの癖を感じ、ブランクを活かしきれば、



とても面白いロッドとなることを約束できるだろう。













Magna-Impact HERETIC


MH610S-XL










 

 

 


 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

ヘルティックという異端児




開発秘話 ヘルティック編 第1話














MH67B-MHH






















ラバージグとテキサスリグの



スペシャルモデルが欲しかった。



他のリグは考えていない。



カバーの中にルアーを送り込み、



バイトがあったら瞬間的なフッキングと



暴力的なバットパワーで、



カバーから魚を引き剥がすことを目的にテストを繰り返した。



掛けて掛けて掛けまくる。



『静』から一瞬にして『動』に変わる、



この瞬間が堪らないのだ。





















少し昔の話。



90年代バスロッドは高弾性化が顕著であった。



弾性率が高いモノが良いという風潮があり、



弊社も高弾性バリバリの スーぺリア をリリースした訳だ。



この頃のロッドというと、



高弾性 = 高感度



…というのが一番の理由だった。



ジグやテキサス等の



底物系ルアー達には必要不可欠であった。


















しかし、



高弾性素材だけを使用したロッドは、



ネバリが少ないのである。



そこでネバリを重視したアクションへ時代は変化してきた。



高弾性のロッドは当たり前となり、



4軸カーボンシートなどで



ネバリの部分をアシストする様になった。



だが物理的に今まで巻いてある上に



更に上乗せされたら、自重は増えていく。



肉(カーボンの積層)が薄いとネバリは落ち、



強度だって低下させ兼ねない。



もはやブランクの肉薄化は限界に来ていた。


















そこで、白羽の矢が立ったのが



 C・N・T素材 というわけだ。



ネバリを持たせたながら高弾性化も可能。



単純に考えると、



今までの軽量な自重でネバリを上げられるのだ。



決して4軸カーボンシートを否定している訳ではないのだが、



C・N・T素材の効果で必要性が薄れてしまった訳だ。


















話を戻すと、



高感度で掛けにいくロッドということだ。



アクションの説明をすると、



教科書通りのファーストテーパーである。



リアグリップは、少々短く設定した。



これはピッチングなどのキャストが多い事を選んでだ。



手返しの良さを探っていたら次第と長さは決まってくる。



リールの選択は自由だが、



近年のベイトフィネス系のリールでは、



若干フロントヘビーに感じる。



自重200〜220g程の



ハイギヤードタイプとの相性が良いと感じている。



色々と試してみて、



好みのセッティングを出すのも面白いだろう。



ロッドは、まだまだ進化していく。














Magna-Impact HERETIC


MH67B-MHH


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

結果、優勝でした。





皆さんこんにちは!



キムショーです。

















今回は土浦で行われる



Kー1トーナメントに参加してきました。



W.B.Sプロメンバーも参加する



強豪ぞろいの大会です。



私はアルミボートにて参戦です。

















ルールは、25センチ以上5リミット。



4番スタートで行き先は桜川です。



上流部がこの時期は良いので、



各艇ガンガン上がっていきます。



通称ラジコン前より釣り開始。



先ずは、マグナインパクトMI65B−Mにて



スピナベ9gDWをストラクチャーや



ボディーウォーターにキャスト。



ハードボトムもあるので表層から中層、



ガーグリングを試すも反応無し・・・
























ひとまず上流に船首を向け釣りあがっていきます。



ブッシュエリアに入り、



比較的小規模なブッシュでしたので



マグナインパクト ヘルティック MH67B−MHH(プロト)に、



ラインは天龍MI−207F14lb。



ファインラバーのジグ(7グラム)をセレクトして



ブッシュに打ち込んでいきます。




















ブッシュのエッジに入れてボトムから浮かせた



ちょうちん釣りでアクション掛けてみると



見事にバイトがあり、ブッシュを切り裂きながら



本日のファーストフィッシュをGET!








写真のロッドはプロトです、若干の仕様変更があります。




















このロッドのパワーは絶大な信頼があり、



更にC.N.T素材配合で



更なるハードカバーからの取り込みがすごいですね。



特に霞ヶ浦水系などの



濃いカバーから引きずり出すパワーは圧巻です。



グリップもショートグリップを採用し、



ピッチングスタイル等のキャスティング性能も大幅アップです。



















朝一早めにファーストフィッシュが釣れ、



状況は晴天で被さり系のストラクチャーが良いと判断。



更に、落ちパクではなく、



ちょうちんなどで1点でのアクションが良いはずと読みました。



途中、桜川のカレントが強くなり、



更に濁りも強くなってきましたが、



ますますシャローカバーが良くなると思い、



丁寧にストラクチャーを丹念に打ち込んでいきます。



















ブッシュエリアにも種類があり、



比較的高さのないブッシュではMH67B−MHHを使用しますが



高さがあるブッシュやアシなどは



マグナインパクト MI71B−HH がお勧めです!



ロッドの長さがとても重要で、特に私の場合は身長が低い為



ロッドの長さに助けられる事もたびたびあります。



更にこのロッドは 7'1"ft の長さでありながら



軽量なのも扱いやすいです。



この日の MI71B-HH のセッティングは



ラインは天龍MI−207F16lb、



ファインラバーのジグ(9グラム)をセレクトしています。























カレントも強くなり、淀む所がはっきりしてきたので



淀みを丁寧に狙っていきます。



ここは、ヘルティック67の出番です!



オーバーハングになっている淀みを



ちょうちんで狙いキャストすると、



下からグワッと大きい魚体がジグをひったくり



すかさずフッキング!明らかに大きい魚体!!!!



ジグがしっかり掛かっていることを確認し、



そのままぶっこ抜き(笑)













50UPでした。しびれまくりです!!!



やはり大会中は嬉しいものですね!



霞水系では、このサイズが出ると嬉しいのです。



ロッドへの信頼があるからこそ捕ることの出来た魚と言えます!




あっ!多少の腕も・・・(笑)
































その後も、ヘルティック67



マグナ71の使い分けで11時にはリミットメイク!



帰着時間も迫り、土浦新港に帰還。



トータルウエイトは、5匹4540グラム!
















意外と釣れていなかったらしく、



見事優勝の美を飾る事ができました。

















これからの季節、カバーゲームが真っ盛り!



ヘルティック67B−MHH 発売まであと少し!



楽しみに待っててください。
















キムショーでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

WBS Super 3 days




6月21日〜23日までの3日間、



WBSのトーナメント、



「 Super 3 Days 」が霞ヶ浦で開催されました。





















Team  『 TENRYU Magna-Impact 』



木村信一 / 木村翔太 親子コンビも参戦!



最終日に私も応援に行きました。










笑顔での帰着!



気になる釣果は?

















































最終日はなかなか厳しい状況で



ポイント選択も難しかったとの事。



その中、2日目、1610gのビッグフィッシュをゲット!











3日間トータルのビッグフィッシュを獲得しました。



Heretic MH67B-MHH で獲ったとの事です。
















































3日間のトーナメントお疲れさまでした。



次回は桧原湖です。



がんばってくださいね。







Staff M・T















  • にほんブログ村 釣りブログへ

W.B.S 初戦報告





WBSのキム兄です



5月18日−19日



トーナメントの2dayの結果報告です(霞ヶ浦戦)



初日が4本で4750g。



2日目、3本で4310g。



帰着のトラブル (エンジンのトラブルのため11時で終了)



















ペナルティ、マイナス500g。



合計、8560g。



で、5位入賞となりました。














メインのロッドは、今年発売の




Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH

(マグナインパクト ヘルティック)




プラティクスの段階から超活躍!



3,5gテキサスリグ。1800gのバス。










試合中に釣りたかった・・・




このMH67B-MHHの最大の武器。



C・N・Tで強化されたブランクで、



ビッグバスにも主導権を与えず、



シャープかつ、パワフルトルクを備え持ち、



ビッグバスの強烈な引きに対して臆することなく



強靭なパワーでねじ伏せる!



ビッグバスには最高の武器と言える。



プラティクスでも絶好調だった。



試合でもMH67MHHで、キロ半ばのバスを2本キャッチ。



このロッドを使ってから、



自分の力以上の威力を発揮できていると思う。




















バックアップとして活躍したロッドは




Magna-Impact HERETIC MH66B-LL

(マグナインパクト ヘルティック)




0.9gのジグヘッドワッキーリグ。



(Berkley Wackycrawler)総重量5g以下。




このフィネス系軽量リグをストレスなく、



ピンスポットにキャストでき、



繊細なバイトにも反応。



ブランク自体、細身で軽量だが、



強靭な粘りを持つロッドである。



尚且つ、今までスピニングロッドで困難だった



ルアーやリグを自在に操れるロッド。



それが、ベイトフィネスに特化したMH66B-LLだ。



プラティクス&トーナメントで



キロオーバーをヒットさせたにも関わらず、



物足りなさを感じさせるロッド。















フィネスという特化した部類の中で、



オーバーパワーを備え持つ頼もしいパートナーである。



既にフィッシングショーなどで手にした人もいると思うが、



この繊細さで、逞しいパワーには



きっと、驚かされただろう。



本当にすばらしいパートナーである!



今回は、新製品をガンガン使ってのトーナメントだったが、



すばらしい出来栄えに、拍手を送りたい。



もうすぐ、皆さんの手元に届くであろうこの新製品ロッド。



きっと、想像以上の働きをすることは間違いない。



是非、このブログをご覧の皆様に手に取って頂きたい!



そして、今まで獲れなかったバスを



このロッドで手にして欲しいと思う。


























最後に



今回のパートナー  海老原選手(EG)に感謝!



そして、WBSスタッフに感謝!



天龍のすばらしいロッドに感謝!



そして・・・「バス釣りは、道具に釣らしてもらえ!」



byキム兄






















Tackle Date



Rod : Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH


Line : MI207F 12lb


Reel : Revo MGX(ZPI tune)


Rig : DECOY ZERO-DAN 1/0-7g(改)


 & Gulp! 3"BulkyHawg(WM)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Magna-Impact HERETIC MH67B-MHH


Line : MI207F 14lb


Reel : RevoMGX(ZPI tune)


Rig : DECOY ZERO-DAN 1/0-5g


 & 3"BulkyHawg(GP)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rod : Magna-Impact HERETIC MH66B-LL


Line : MI207F 6lb


Reel : Revo LTX(ZPI tune)


Rig : FINA  BRUSH EASY 1/32-#2


 & Gulp! 5"Wackycrawler(GP)















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー