Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

Rayz Spectra RZS51LL-BC (Twitchin' Custom)

 

 

遂にレイズ・スペクトラにて、ベイトタイプを発売する時が来た。


渓流でのベイトは、フィネス系ベイトリールの台頭で大きく進化したと言える。


前作レイズにて発表したベイトタイプ2機種(RZ53UL-BC , RZ56L-BC)は、


小口径ガイドを採用し軽量ブランクと相まって高い評価を頂いた。


ベイトロッドを使う上でのハードルの1つは爛丱奪ラッシュ瓩世蹐Α


レイズではアクションがレギュラーテーパーという特徴が、


キャスト時に適度にブランクが曲がりルアーのウェイトを感じ易く、


スプールを開放するタイミングを取り易い点が評価して頂いた理由と思っている。


(新作レイズもコンセプトを踏襲しレギュラーテーパーに仕上げている)


タイミングが取り易いという事は、キャストミス=バックラッシュが少ないという事だ。

 

反面、張りが強いロッドはスイートスポットが狭く、


ラインをリリースするタイミングも極端に狭くなるため難しくなる。


今作の レイズ・スペクトラ RZS51LL-BC は、その最たるモデルだ。

 


・高弾性の長短 


高弾性カーボンを採用した事でブランク全体に張りが強く、


スタンダードタイプに比べると『しなり』を活かすには、


キャスト時にしっかりとブランクを曲げないといけない


スピニングタイプを開発した際には、なんと投げ易いロッドなのかと感動を覚えたが、


ベイトタイプにしてみるとキャストが難しい方向に進んでしまった。


特に5g以下のルアーウェイトとなると適度な熟練度が必要となり、


エキスパートの方意外にはオススメしたくないモデルとなっている。

 


ただ…テストに関わって貰ったスタッフ曰く、


スペクトラのピーキー感を味わってしまうと、スタンダードには戻れなくなると言う。


ブランクの持つ特有の『張り』はトゥィッチやジャーク等の、


ロッドワークに機敏に反応してくれるので、誘いを掛ける際に


アングラーの思い通りに操作する事が出来るのが良いとの事だ。


ターゲットが潜むポイントが全て広い所ではなく、


ある程度狭い区間でしか誘いを掛けられない際はピンとした


ティップの戻りが早いロッドが活きてくる訳だ。


キャストの面を慣れでカバー出来れば、その反面手に入るレスポンスの高さは、


スタンダードモデルを圧倒するスペックが有ると感じている。

 


・パーツの違い 

 


リアグリップ長はスピニングタイプと同じ長さとし、


キャスト時にはワンハンドでのキャストを優先した長さとなっている。

 


バットガイドには、最新のT-LRVTG瓩鯀備。Kガイドの小口径リングと相まって、


非常に軽くまるでブランクだけを振っているかの様な印象を受けるはずだ。

 


・タックルバランス 


基本的に使用するルアーは、スピニングタイプのRZS51LLと同じだ。


5cmクラス(3〜5g)程度のミノープラグを主体に扱い易い。


ラインの設定は、ナイロンラインで4〜5lb、PEラインで0.4〜0.6号が良く、


どちらを選んでも良いが初めはナイロンを選ぶのが無難かと思う。


リールは、最新のフィネス系ハイギアードタイプか、


クラシカルなローギアタイプでもアングラーのスタンス次第で良いと思っている。


最新での尖りに尖ったビンビンのタックルを探すのも面白いし、


あえて自分にリスクを持たせながらスキルを活かして楽しむのも一興だ。

 


・ピーキー故に 


恥ずかしい話、ロッドデザインをしている私であっても、


このモデルを使いこなしたとは言えていない。


代わりにテストに関わって貰ったスタッフは、


表題の写真の様に見事な魚を次々とキャッチしており、


実績がロッドのポテンシャルの高さを証明してくれている。

 

私がポンコツなだけか…(笑)


全国の我こそはと思うアングラーにこそ、このモデルを使って頂きたい。


Twitchin' Customのベイトモデルは、色々な面白さが詰まったモデルだ。


Staff Funaki

 

 


【関連ブログ】


Rayz Spectra RZS51LL Twitchin' Custom(2015年10月31日掲載)


Rayz Spectra RZS61LL Twitchin' Custom(2019年12月12日掲載)

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Rayz RZ712B-MLM (Variable-Hounder)

 

ルアーフィッシングを紐解くと、ベイトタックルが黎明期は主流だった。


リールやラインなどの進化により、徐々にスピニングタックルがトラウトで主体となったが、


近年はフィネス系のベイトリールが台頭してきた事でベイトタックルも不動の位置にある。


前作のRayz RZ75M-BCをベースに、中・本流域と湖向けとして再構築してみた。


・攻めの設定 


前作のRZ75M-BCは、北海道の湿原地帯を流れる河川などブッシュが多い場所で、


テクニカルなキャストと強引なファイトが出来る点を視野に作ったモデルであった。


7'5"ftの長さは、本流や湖でも幅広く使える長さであり応用力に優れた機種であったが、


もっとテクニカルなキャストが出来ないか?との意見から長さを調整してみる事とした。


ロッドは短いほど小回りの利くのでキャストは容易になるが、


あまり短いとブッシュ際などでヒットした際に魚を誘導出来る力が弱くなってしまう。


片手で扱い易い範囲の長さで、キャストとファイトのバランスを取りながら試して行くと、


結果的に7'1"ftというレングスが最適だと判断した次第だ。

 

パワーもMからMLMに引き下げている。

 

これはキャスト時に軽いルアーでも、ブランクにルアーの自重を感じ易くさせる狙いで変えてみた。

 

前作はルアーの適合範囲が広い点が利点であったが、少し軽めのルアー(5g程)だと

 

キャストが少し難しく感じられていた方も多かったはずだ。

 

そこでブランクの爐靴覆雖瓩鰺用する為に、ティップだけMLパワーに落としている。

 

バットは以前と同じMパワーに設定してあり、総じてMLMというパワー設定となっている。


以前にも増して、攻めのキャストが出来る事になりチャンスが広がると思う。

 


グリップは前作と同じく、23cmのリアグリップ長としてみた。


短い方が取り回しが良いが、いざ大物が掛かった時にこの長さが安心感があったからだ。

 


ガイドには、最新のLRVガイドを採用している。トラブルが少なくスムースなキャストが可能だ。


・ネオ-トラディショナル 


伝統的な要素と、最新の要素どちらにも対応出来る点で、


僕らはネオ-トラディショナルモデルという位置付けとしてみた。


近年のリール事情は、カスタムパーツが充実した事によりオールド系のリールであっても、


最新リールと遜色のない飛距離などを出せる様になってきている。


デザイン面の趣もクラシカルなイメージを残しながら、


プラグやスプーンなど遊べる範囲が広くなるのは嬉しい限りである。


コンセプト文にもある通り、7cm前後で5〜10g程のプラグ類が扱い易くなっており、


スプーンだと14g前後が丁度良く感じられると思う。


河川だけでなく、湖ではボートからのキャスティングにも扱い易く、


時期によってはトップウォーター系ルアーで蝉を模した狙いも面白い。


あまり固く考えずオールド系リールや、フィネス系リールなど色々と試して楽しんでほしい。

 

 


 Rayz series concept 


RZ4102S-UL Twitchin'(2019年11月13日掲載)


RZ542S-L Jerkin'(2019年11月14日掲載)


RZ632S-L Jerkin'(2019年11月14日掲載)


RZ6102S-LML Super Yamame(2019年11月26日掲載)


・RZ772S-ML Variable-Shooter


RZ4102B-UL Twitchin'(2019年11月13日掲載)


RZ542B-L Jerkin'(2019年11月14日掲載)


Newレイズは何が変わったのか?(2019年10月24日掲載)

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

Rayz RZ4102S-UL , RZ4102B-UL (Twitchin')

 

Rayz RZ4102S-UL Twitchin' (Spinning model)

Rayz RZ4102B-UL Twitchin' (Bait model)

 

 

Twitchin'(トゥイッチン)モデルは、ライトウェイトルアーの扱いに長けた機種として仕上げてあり、


基本コンセプトとして軽量ミノーのトゥイッチングに特化したロッドだ。


ルアーのサイズだと、4〜5cmサイズのミノープラグで、2gに満たないフローティングミノーから、


4g程度のシンキングミノーが扱い易いバランスに仕上げている。


もちろんミノーだけでなく、軽量ルアーであればスプーンやスピナーなど、


アングラーの扱い次第で自由に遊んで頂きたい。

 


・Twitchin'の後継 


前作を知っている方は、全長が短くなったと感じた方が大半かと思う。


前身となったRZ53ULが5'3"ft(160cm)に対して、


後継のRZ4102S-ULは4'10"ft(147cm】と全長のショート化を図っている。


厳密に言うと、見えているブランク部分を5.5cm、リアグリップを7.5cm短くしてみた。

 


実はこの機種、ユーザーの方からの意見も多く取り入れて開発を進めた経緯がある。


前作のRZ53UL(Twitchin')を使っていて、少し短く出来ないか?との意見からだった。


ここで、短いロッドが欲しくなる要因を考えてみよう。

 


.ャスティング性能


渓流の釣果を大きく左右するのが、いかに狙ったポイントにルアーをキャスト出来るかだ。


短いロッドの方が手先に近い感覚となり、障害物やブッシュの奥へタイトなキャストが容易になる。


あらるゆ位置からキャストが出来る事もチャンスを増やす事が出来、


オーバーヘッド、サイドハンド、アンダーハンド、


フリップキャストなど気負いせず使えるのも短いロッドの利点だろう。


ただ、高まるトラウトフィッシングの人気と裏腹に、


フィッシングプレッシャーが高く魚は簡単に釣り難い状況も多い。


適度に離れた距離(魚から感付かれない位置)からでも、しっかりと投げ込める長さも必要だ。


5ft前半のロッドに匹敵する飛距離を出せる長さが、4'10"ftとなった理由でもある。


▲魯鵐疋螢鵐粟能


ワンハンド(片手)でキャスト、ルアー操作、ファイトを行い易いグリップの長さも欲しくなる。


リアグリップの長さを短くし、極力邪魔と思えないリアグリップ長に仕上げてみた。


しかし、単純に短くするとモーメント(重心位置)が崩れてしまい、持ち重り感が出てしまう。


今作は誰にでも扱い易いロッドが目標でもあるため、モーメントが崩れてしまっては元も子もない。


そこでグリップエンドにラバーの着いたキャップを採用し、


モーメントを改善することが出来ている。


自重こそ前作に比べて重くなってしまっているが、


実際に手に取った時のバランスの良さを体感すれば数値では図れない良さを分かって頂けると思う。

 


・2つの個性  


同モデルには、スピニングとベイトモデルを用意している。

 


ライトライン、ライトウェイトのルアーを扱うことはスピニングの優位性は高いが、


近年のフィネス系ベイトリールを取り入れる事で、ベイトタックルでの人気も高くなった。


両機種とも同じブランクを使用しているが、前作に続いて小口径ガイドを取り入れ、


ブランクだけを振っている様な軽量感を味わえるはずだ。

 

 

 


・Twitchin'を楽しむために 


往年の名作と呼ばれたミノーは、軽量であった事がTwitchin'を必要とした大きな理由だ。


前作でもそうだったが、近年のヘビーウェイト化するルアーへのアンチテーゼとしてTwitchin'がある。


軽量ルアーをテクニカルに操作し、Twitchin'でなければ出せない魚も居る事が分かると、


渓流ルアーフィッシングは更にディープな世界が見えるはずだ。


Staff Funaki

 

 

 

 

 Rayz series concept 


・RZ542S-L Jerkin'


・RZ632S-L Jerkin'


・RZ6102S-LML Super-Yamame


・RZ772S-ML Variable-Shooter


・RZ542B-L Jerkin'


・RZ712B-MLM Variable-Hounder


Newレイズは何が変わったのか?(2019年10月24日掲載)

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

TENRYUブログの楽しみ方について

 

いつも弊社ブログを読んで頂きありがとうございます。


以前に比べSNSが発達した事で、情報発信のスピードは格段に早くなりました。


イベントや新製品の発売など、ちょっとしたニュースは Facebook Twitter が便利ですが、


じっくりと濃い内容を調べたくなると物足りない記事も有るかと思います。


そういった方向けに、当ブログでは出来るだけ濃い内容を書くようにしております。


マニアックな事が多いですが、アングラーの皆さんが天龍製品で楽しめる内容に努めている次第です。

 

 

Facebook → TENRYU Facebook

 

 

Twitter → TENRYU twitter 

 

 

 

ブログ記事は日々更新しておりますが、


内容もユーザー様からの投稿写真からテスターのコラムなど、内容は多岐に渡っております。


当ブログでは、これまでに書いてきた記事を楽しんで頂ける様に、


それぞれにカテゴリー分けを行っております。

 


最新の記事から、以前に書いた記事までお好みのカテゴリーを選んでみて下さい。

 

 

 

また、各ロッドの関係した記事が読みたい事も有るかと思います。


そういった時は、ロッドのカタログページに近道を用意してあります。


もしロッドの詳しい紹介が知りたい場合は、こちらを利用して頂くと宜しいと思います。

 

 


例) レイズの記事を読みたい


.譽ぅ困離據璽犬魍く


▲好織奪侫屮蹈阿離丱福爾鯀択


レイズ関連の記事のみ開かれる


 

 

 

 

ブログ以外にも、Instagramも始まっております。

 


いずれコチラでも、イベントを行いたいと考えておりますのでフォロー宜しくお願い致します。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー