Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

新型ルナキア(開発記3)

 

 

開発も進み、ジグヘッドリグ主体の短いモデル(3機種)は、

 


ブランク・アクションのOKが出せそうな所まで来ていた。

 


(2017年10月頃の話)

 


前回でも触れたが、開発のネックになっているのは軽量化の点だ。

 


出来る限り重量となる部分は削ってきたが、

 


やはりグリップ形状がロッドウェイトを占める大部分であった。

 


軽さばかりを求めるのも可能だが、

 


シリーズコンセプトである『感性』を求めるには全体のバランスが重要である。

 


シート形状やサイズ、シート位置など変更・調整を行っていく。

 

 

 

 


それまで使っていたシート形状(VSS)を捨て、

 


大胆にカーボンパイプをメインに使ったグリップ形状(DPS)を試してみた。

 

 

 


これが良かった。

 


リールシートの位置を変更してバランス(重心位置)を調整する必要があるが、

 


軽さ・感度の面で今までのサンプルより効果を実感出来た。

 

 

 

 

 


ライトなモデルは、あと少し調整が出来れば完成出来るところまで来ていたが、

 


対してパワフルさを求めた残りの2機種は、まだまだ結論が出ていなかった。

 


ロッドは長くなるほど、ダルさが出やすくなる。

 


しかし、ダルさを消すために張りを出して行くのだが、

 


硬く重いロッドに仕上げてしまっては意味もない。

 


適度なパワーと、フィネス感を持たせたロッドが理想だ。

 

 

 

 

 


今、こうして書いている事と並行して、

 


このパワーフィネスモデルの2機種はテスト中で、

 


だいぶ光明は見えており手応えも感じている。

 


もう少しで納得のいくレベルになると思っている。

 


予定ではジグヘッド単体向けの3タイプが先行発売となり、

 


追ってパワーフィネス向けのロングタイプが2機種追加を考えている。

 

 

詳細の公開は、2018年9月初旬にホームページに掲載予定だ。

 

 

既に展示会で一部を公開しているので、気になる方はチェックしてみてはいかがだろうか。

 

新型ルナキア


Staff Funaki

 

 

 

 

関連記事

 


(2018年5月22日公開記事)  →  新型ルナキア(一部公開)

 


(2018年7月26日公開記事)  →  新型ルナキア(試作グリップの変遷)

 


(2018年8月6日公開記事)  →  新型ルナキア(開発記1)

 


(2018年8月17日公開記事)  →  新型ルナキア(開発記2)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー