Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

プロジェクト2『リビルド』

 

はじめに今回のスピードスティックは、復刻では無いことをご承知頂きたい。


現代的な要素を取り入れながら、


当時の面白さも残したロッドに仕上げたいと考えている。


そうなった経緯を語っていきたい。

 


【不可能の壁】


前回の話で、スピードスティックを再度やってみよう!となった訳だが、


プロジェクトとして『2つ』の案が持ち上がった。

 

 

前回の話→ プロジェクト1『発足』(2019年9月3日)

 


それは完全に新しい素材で仕上げた『リビルド』と、当時のパーツに仕上げた『復刻』である。


温故知新という言葉の通り、当時を知るには同じ物を作ってみるのが早い。


とりあえず復刻出来るか検討してみる事となった。


ブランクの設計図は残されており、当時のマンドレル(鉄芯)も保存されていた。


当時と同じグラス素材は手に入らないが、近いアクションを作ることは出来そうだった。


次にパーツ類だが、これが1番のネックとなった。


富士工業社に問い合わせたところ、


当時のガイドやグリップは再販する見込みは無く、市場に残されている物でしか無いらしい。


ストーリーで述べた通り、富士工業社が手掛けたガイドやグリップは、


スピードスティックを形作る大きな要素でもあり、


正規のパーツが手に入らないという事は事実上の不可能を意味していた。


たとえ手に入ったとしても、極限られた本数しか作れないのが現状だった。

 


OHタイプ(参考資料)


ガイド (富士工業社よりお借りたサンプル)


当時のマンドレルと試作したブランク


『復刻』を望む方も少なからずいる事は分かっていたが、


当時と同じガイド・グリップを手に入れる事が難しく『復刻』は断念し、


完全に新しい『リビルド』に注力しよう!となった訳だ。

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー