Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

新型スパイク(New Spike)

 

 

2020年は大型モデルチェンジのラッシュだ。


オフショア・キャスティングシリーズであるSpike (スパイク)瓩モデルチェンジとなる。


近年は温暖化の影響か、今まで青物が少なかった地域でも狙って釣れる様になり、


キャスティングやジギングで楽しめるシーズンが多くなった。


フィールドごとに狙い方は変わり、タックルも今までのモデルだけでは


全てをカバー出来なくなってきた為、新型を作ってみようとなった訳だ。

 


・ベースアップ 


今作のコンセプトは犇甞ぅャスティングのスタンダード瓩箸靴討い襦


玄人向けのシリーズではあるが、特定の方だけが使える特化した物ではなく、


誰もがキャストしても安定した飛距離を出しやすく、大物とも安心して


やり取りを楽しめるシリーズにしてみたいと考えていた。


前作をベースにして、もっと飛距離を出しやすく調整し、しっかり曲っても


不安のないネバリ強さを持たせられないかとテストしてきた次第だ。

 


・矛盾への挑戦 


キャスティングにおいて優先されるのは猗距離瓩覆里牢岼磴い覆ぁ


ロッドに求められるのはシャープなキャストフィールと共に、


いざ掛かった大物にも対応出来るネバリ強さも必要である。


ターゲットによってもヒラマサやブリなどを狙う際は、


安定したキャスト性能が求められるられるが、


マグロ類となるとファイト時のリフト力も重要となってくる。


シーバスロッドのスワットを開発している際も同じであったが、


シャープにするほどネバリを落ちるのは必然であり、


この両立を目的にすると矛盾への挑戦となっていた。

 


・素材とテーパー 


〇〇製法…などと一言で言える画期的な製法ではなく、


ロッドの核心部と言えるのは昔から基本とされる要素が案外重要だ。


現代のロッドを構成するのは、カーボンやグラスがメーン素材であり、


素材の弾性、繊維の太さ、プライ数、テーパー等にて硬さや調子が変化し、


無限とも思えるパターンを重ねて出来ている。


今作において重視しているのは飛距離UPとネバリであり、


重要となった要素は狒悩爿瓩鉢爛董璽僉辞瓩裡嘉世任△辰拭


メーン素材としてイエローテールモデルには中弾性カーボンを主体に、


ツナモデルには低弾性カーボンを主体とした構成としている。


両モデルともレギュラーテーパーに変えたのも意味もある。


更に基礎力が向上したブランクにC・N・Tを入れることで、


前作を上回るネバリ強さも狙ってみたつもりだ。

 


・イエローテールモデル 


前作はファーストテーパーだが今作はレギュラーテーパーとして、


少ない力でルアーのウェイトを乗せやすく(感じやすく)、


反発を利用して飛距離アップが出来るように狙ってみた。


メーン素材の中弾性カーボンは反発とネバリをバランス良く配分でき、


シャープなアクションを出しやすい反面、張りが強く出てしまうため


ナローテーパー(緩やかな傾斜)にして張りを抑えつつ、


曲げ込んだ時のネバリ強さも持たせる様に考えている。


この効果が分かり易いのは、アンダーハンドでキャストした際だ。


アンダーハンドで少ないストロークで最大の飛距離を出すには、


充分にブランクを曲げルアーにロッドの反発力を推進力に変えて


一気に爆発させないと充分な飛距離を得られない。


しっかりと曲がり、反発を活かせるアクションであれば、


キャスティングで必要とされる飛距離を稼ぐことが出来るわけだ。


また、リアグリップ長は前作よりも長く設定した機種もあり、


(SK772S-M、SK822S-MH)振り抜いた時にスイングスピードが


上がり飛距離を伸ばす点に貢献している。

 


・ツナモデル 


今回発表した2機種は、前作のライトタイプの後継となる。


キハダマグロが主なターゲットで、大型ヒラマサ狙いも考えている。


こちらは太いラインで強いドラッグを掛けてファイトを重視したため、


メーン素材には低弾性カーボンを使用している。


ただ…低弾性にすると圧倒的にネバリ強さは上がる物の、


前述の通り反発が少ないために飛距離を伸ばすには力任せに成りかねない。


そこでツナモデルはハイテーパー(急な傾斜)にすることで、


シャープさが増しブランクの収束を早めることを狙ってみた。


そしてベリーからバットに掛けて徐々にパワーを上げていく事で、


失速しにくい力のあるキャストとネバリ強さを両立させている。


ガイド径も大きくし抜けの良さを向上させ、


太いラインシステムであってもトラブルが少なくなる様にしてみた。


また、フォアグリップ上にはアシストグリップを配置し、


長時間ファイトになった際に高い位置でグリップ出来る事で


アングラーが楽にファイト出来るように考えてみた。


古くからあるグリップ形状だが、その効果は実感して貰えるはずだ。

 


・詳細は次回 


他にも機種別に色々と紹介したいところだが、詳しい説明は次回としよう。


フィッシングショーでも展示しているので、


ブースへ来て頂ければ詳細だけでなく開発の裏話までお話したい。


また、ブースには発売は未定だが 超大型マグロを狙った試作モデル も展示する。


フィールドアドバイザーの澤田氏とタッグを組んでテストしているモデルで、


まだ未完成ではあるが究極のモデルになることは違いない。

 

同じシリーズで発表するかは未定だが、期待して頂きたいロッドだ。

 

とりあえず発表してる5機種は初夏までにはリリースする予定なので、


発売時期が決まり次第ご連絡していきたい。


Staff Funaki
 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー