Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

LSP という名のロッド



Fates Lake Spin


フェイテス  レイクスピン






このロッドの名前を聞いて、



懐かしいと感じた方は、



筋金入りの天龍マニアだろう。






























 LSP と聞いた方が、



分かる方のほうが多いかもしれない。



既にカタログ落ちして 5年 以上が経つが、



未だに復活の声もあるほどだ。























発売された年代を調べてみた。













1989年。














廃盤となったのが2006年とすると、



17年ものあいだ、



カタログの一項を担ってきたアイテムである。



トラウトロッドとして生まれ、



名前の通り山上湖をはじめとした、



湖でのキャスティング向けに作られたアイテムだ。














写真は、発売当時のカタログより

























レイクと名前が着いていたが、



短いレングスからラインアップがあった。



その中でも人気であったのは、



8 ft と 9 ft モデルであろう。










同じブランクを使ったベイトモデルもあった。






















銀山湖 や 本栖湖、 芦ノ湖、 中禅寺湖など



トラウトアングラーの聖地と呼ばれたフィールドで、



幾つもの実績を作ってきた。



















果ては北の大地でタイメンを相手にしたり、



大河でサクラマスに使うことにも活躍した。



その癖の無いアクションは鱒属に留まらず、



シーバスや、エギングに使うこともあった。





















発売されたこの時代、



現在の様に1魚種1アイテムまで細分化されておらず、



ルアーロッドの括りが広かったと覚えている。


















中弾性カーボンを主体に、



パラボリックな弧を描いたアクションであり、



ターゲットの引きをロッド全体で受け止めることで、



ライトラインでも大物とのヤリトリを可能にしていた。



またファイト中に曲がりをキープしやすい事から



バラし難さにも繋がっていた。



このモチっと感じるブランクは、



天龍らしいと呼ばれる由縁とも言える。



















そんな人気を博したアイテムも時代が代わり、



細分化される流れから



以後のトラウトロッドにバトンを託す形で



姿を消すことになった。












LEGEND of Tenryu










と呼んでもよいこのロッド。




















まだお待ちの方、もう一度振ってみて下さい。



今、カタログに掲載しているロッドの



系譜が見えてくるかもしれませんよ。






















 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

関連する記事

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー