Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

スパイク SK772S−M(イエローテール)

 

Spike SK772S-M (Yellowtail)

 

 


【タックル設定の目安】


リール:S社6000〜8000番 , D社4000〜4500番


ライン:PE (3〜4号)、Leader(60〜80lb)


ルアー:Best(40-60g) Max(90g) 


ドラグ:5〜7kg(45°)


ターゲット:10kg以内の回遊魚(ブリ・ヒラマサ・カツオ・シイラ等)
 

 

・近海オールラウンド・テクニカルモデル


前作のスパイクSK772YT−Lの後継にあたる機種で、


アクション、ガイド、グリップに到るまで全てを見直し、


全く新しいロッドとして作り込んだモデルだ。


オフショアでのキャスティングゲームにおいて、


船上で取り回しの良い長さは、短いほど場所を選ばず使い易い。


ただし短くなるほど遠投は難しくなるため、バランスを求めてくると


およそ7〜8フィートほどの長さが扱い易い長さとなってくる。


想定したのは、比較的小型の船や喫水線の浅い船などでの使用で、


オーバーヘッドでのキャスティングを主体に、


ジャーク時に水面を叩かない程度の長さが欲しいと思っていた。

 

 

 

・前作との違い


前作と全長は同じだが、リアグリップ長が3.5cm延長しているため、


有効長と言える長さは少しだけ短くなっている。


これは、キャスト時に引き手の力(グリップエンドを引き付ける力)を


高める為に若干だけ長くしたのが狙いだ。


ただし、引き手の力が強すぎるとティップが暴れてしまい、


ラインがスムースに出ないため飛距離が落ちる原因となってしまう。


引き手の力を活かしながら、ティップの収束を如何に早く抑え込み、


前作よりも飛距離を伸ばせるロッドに仕上げるかが難しかった。

 

 

・難儀したテスト


フィールドアドバイザーの伊藤氏に初期サンプルを渡すと、


もっとシャープなアクションに仕上げて欲しいとの指示だった。


やはり振り切った際に、ティップが暴れてしまいフィーリングが悪いらしい。


今度はアクションをファースト(先調子)のタイプに変更してみると、


シャープさは増したがティップの収束が悪いらしい。


穂先だけがプルプルと震えてしまい、失速が否めないとのことだ。


要するに、ティップ、ベリー、バットのパワーバランスと、


テーパーデザインのバランスが合っていないのが原因であった。


ロッドを振り切った際にオツリが出ない黄金比を求めて、


地道に微調整を繰り返しながらテストを行っていった。

 

 

・完成形


前作よりも、ややスローに曲がるレギュラーテーパーで、


全体的にパリッとしながらも曲がるアクションに仕上げてみた。


張りが有るけど、負荷を掛けると曲がり込むといった方が分かり易いだろうか。


40〜60gのダイビングペンシルを扱い易い設定で、


90gまでのプラグをフルキャスト出来るスペックに仕上げている。


70〜80gのプラグは、引き抵抗が少ないルアーなら扱い易いが、


抵抗が強いとルアーの動きにキレが出しにくいと思う。


上記のタックル設定を基準に、選んで頂ければ幸いだ。

 

Staff Funaki
 

 

 

【関連記事】


・新型スパイク New Spike(2020年1月30日掲載)

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー