Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

オールラウンダーの名のもとに




BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC85M ( All-rounder Light Spec )




























オールラウンダーの名を持つ



2機種のうちの1つとなります。



オカッパリからのエギングを



極端にシンプルにしていくと、



2.5〜3.5号のエギと、



3.5〜4.0号のエギを使うことが多いシーズンが見えてきます。



無理すれば1本のロッドで



全てのサイズの餌木を使えますが、



どこかスポイルされてしまう点が出てくるのです。



それはシャクリ易さであったり、



キャスト性能であったりと様々です。




















そこで、ロッドの硬さを2つの機種に分け、



エギ2.5〜3.5号に適したライトスペック、



エギ3.5〜4.0号に適したパワースペックと位置付けました。



この GC85M は、ライトスペックにあたります。



秋季から冬にかけて出番が多くなるアイテム。





















この番手が生まれるキッカケとなったのは、



前作の GC80M を使っていて、



もう少し長いと遠投が楽なのに…と考えたからです。















2.5号の小型のエギを繊細に操作出来ながら、



時には3.5号を遠投し、



高く跳ね上げるパワーも欲しかったのです。



細身のまま繊細さを残し、



バットには秘めたパワーを付けるには、



C・N・T素材 が非常に役立っています。



















GC80M との違いをあげると、



ブランクを長くしたぶん、『しなり』が発生します。



人によっては柔らかく感じるかもしれません。



この『しなり』が有るからこそ、



ブランクを曲げて遠投を可能にするのです。






















ガイドは、T-Freeガイド設定を取り入れ、



LGトップとKガイド、LDBガイドの3種を適材適所に配置。



このガイドシステムは、



富士工業が推奨するKRガイドコンセプトに、



弊社のT-Freeガイド設定の良いとこ取りをし、



アウトガイドとして極めて絡みが少ない設定となっています。




















( 上 GC80M  ・ 下 GC85M )














フロントグリップは、若干短くなりました。



軽量化の意味合いも強いですが、



ブランクの有効長を取りたかったのもあります。



そこでフロントグリップを、



サムアップでのホールド出来る長さとし、



ロッドの『しなり』を活かせる様にしました。






こうして、長さ・パーツを吟味し煮詰めた結果、



GC85Mは完成したのです。




















BRIGADE  GRACE  C・N・T


GC85M  ( All-rounder  Light Spec )


EGI : MAX 3.5号   Line : MAX 1号


















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー