Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

飛距離への挑戦

 


BRIGADE Grace C・N・T  GC109MHをお持ちの方へ、



あと一伸び飛距離を出すためのアドバイスを致します。











一般的にラインを細くすれば、



簡単に飛距離は伸びますが、あまり細いモノを使うと



キャスト切れやシャクリ切れが伴います。



ましてフルキャストを行えば、



ラインへの負荷は大きくなるばかりでしょう。



したがって、メインラインはPE0.6以上をお薦めします。



リーダーもメインラインと同じく負荷を考えると、



フロロ2号以上が望ましいです。














さて、ここまでは



普通のエギングタックルとして考えられます。



ですが、Graceユーザーならもう一歩先に進みます。











フルスイングで振りきろうと思うと、



リーダーとメインラインとの接合部に負荷が生じます。



太さの差が大きいほど切れやすくなります。



そこで『チカラ糸』の出番となります。




サーフでの投げ釣りをする方ならご存じでしょう。



太い部分から段々と細くなっていくテーパー状のラインで、



キャスト切れを防ぐ役割を担います。



しかし、エギングのリーダーは太くても3号程度と考えると、



3〜0.6号といったチカラ糸が有りません。



しかし、テーパーになる必要はなく、



2号程度のPEラインをリーダーとメインの間に接続すれば



充分となります。長さは2〜3m有れば良いでしょう。



(PE同士の接続は電車結び。PE同士は抜けやすいのでハーフヒッチの処理は必須です。)






















細いラインを使うため、



フィンガーガードも有れば良いでしょう。



過去に痛い思いをしているので…ご使用することを強くお薦めします。


























タックルは、これで万全と言えるでしょう。



最後にキャストフォームです。



このロッドの場合、



コンパクトに振ろうと思うと逆効果となります。




垂らしは長く取り、



大きく振りかぶってスイングした方が飛距離を伸ばせます。





ルアーロッドの場合、



一般的には右人差し指にラインを掛けるなら、



左手でグリップエンドを引き付けるようにして



ロッドを曲げこんで行くのですが、



それはコンパクトなスイングを求めた場合です。








更なる飛距離を求めるなら、



エンドを持つ手(左手)は固定して、



逆の手(右手)を押し出すようにします。








また、体の捻りも同時に行います。



かなりの鍛練が必要になりますが、



驚くほど飛距離が伸びる様になります。







これは遠投競技の選手の方に教えて頂いたことです。



ロッドこそ違いますが、基本は同じです。



ぜひ実践してみて下さい!







Staff : Funaki















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー