Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

JDF621S-4 【 動画あり 】




JDF621S-4


Lure Wt. : Best 130g  MAX 180g


Line : MAX 50lb


Drag MAX : 8kg

















『近海のNewスタンダードモデル』



TENRYUのスタンダードはどれかと聞かれると、



ジグザムV JZV571S-5 もしくは、



ディープライダー JDR581S-4と答えています。



癖がない調子で、ワンピッチジャークでは一番使いやすく、



特定の場所や釣り方を除けば、



平均して使う頻度が高いアイテムです。



ドラッグフォース JDF621S-4が、



Newスタンダードと言える点は別にあるのです。



















JDF621S-3の説明で、






ジグを操作している時はファーストテーパーに感じ、



ファイト時は、レギュラースローに入るアクションです。






…と書きました。




ディープライダーとの違いは



アクション(テーパー)なのです。


















個人差はあると思いますが、



ディープライダーはロッドのベリー部分で



ジグを操作するイメージとなります。



ドラッグフォースの場合、ロッドのティップ部分で



操作することが得意となります。



すなわち、もっと繊細なジグの操作が得意と言えます。



また、ラインの角度が斜めになるほど、



すこし長めのレングスが使いやすくなる訳です。



したがって、



ワンピッチでは ディープライダー JDR581S-4。



斜め引きには ドラッグフォース JDF621S-4 が



スタンダードと言えるのです。


















繊細とばかり書くと弱いイメージとなりますが、



バットの強さは動画を見て頂ければ分かります。



ドラグ表示MAX値で負荷を掛けています。








※尚、同じことをされて事故があった場合、


一切責任が取れませんのでご了承ください。












安心感のある、粘り強さを持っています。



開発に携わったスタッフT氏曰く、



「魚を掛けたあと、非常に楽にファイトできる」



「負担が少ない分、集中力が続く」



…と語っていました。




発売するのが待ち遠しいですね。



ぜひ、体感して頂きたいです。





















他の機種の紹介はコチラ



JDF621S-3






JDF621S-5

















  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー