Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

JDF621S-5 【 動画あり 】




JDF621S-5


Lure Wt. : Best 150g  MAX 200g


Line : MAX 60lb


Drag MAX : 10kg



















ターゲットは、大型のヒラマサ、ブリ、カンパチ。



とにかくパワーを必要とするモノ向けに開発しました。



5クラスのパワーとしては、破格のドラッグ値10kg



バットパワー(復元力)は1ランク上に感じられます。



操作感は JDF621S-3 や JDF621S-4 と同じく、



ジグの操作時は、ファーストテーパーに感じ、



ファイト時は、レギュラースローに入ります。



















開発時に悩んだことがありました。



ドラッグを10kg掛けたいのですが、



ガイドを全て チタンKガイド で良いか?と言う事です。



高負荷を掛けるロッドには、



バットガイドにオーシャンガイドを選んでいました。



それはガイド本体の強度を考えてのことです。



Kガイドを着けたかった理由は、



アンダーハンドキャストを行うということ。



それを解消出来たのは、アクション(曲り方)でした。


















ディープライダー JDR631S-5 と、



ドラッグフォース JDF621S-5 を比較してみました。



曲がり込んでいる方が、ドラッグフォースとなります。









上記写真は3kgの荷重を掛けています。













曲がり込むことで、負荷を分散させ、



ガイドへの負担を軽減させているのです。



どちらが良い悪いという訳でなく、



アクションに応じたパーツ選定ということです。

















曲りの違いだけで見ると、弱そうに見えてしまいます。



重要なのは、復元力



曲がった位置から戻ろうとする力のことです。






復元力については、以前に書いたログを参照ください。






→ ネバリって何だろう
















その強さを、動画でご確認ください。












※尚、同じことをされて事故があった場合、


一切責任が取れませんのでご了承ください。








躊躇なく、あっさりと持ち上げています。



非常に安心感を感じるロッドでした。























他の機種の紹介はコチラ



JDF621S-3






JDF621S-4







  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー