Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

SW83LML-BC インプレッション




テストを依頼していた 倉永氏 のレポートより、



一部を抜粋してご紹介します。



















使用タックル


ロッド : SWAT SW83LML-BC (試作)


リール : アブ レボLT(ベアリング・マグネット変更)


ライン : クレハ 完全シーバスPE1.5号


リーダー : フロロ 25LB


ルアー : タイドミノーSR105  15g(ミノー・リップ有)


     バックファイヤー 7.5g(ポッパー)













キャスト測定



日中にキャスト測定を行いました。



広場でタイドミノーとバックファイヤーと



各5回程キャストしております。



キャスト時は無風。



夜間を想定して少しだけブレーキを強めに設定しています。



(端数切捨て)

























インプレッション



ロッドを振った感じとしては、



軽い!という印象を受けました。



リールをセットするとセンターバランスがさらにとれて



持ち重りを全く感じませんでした。



実際のキャストではベリー部分にしっかり



ルアーウエイトをのせてキャストすることができて



振り抜く際に余裕を感じました。



非常に投げやすい。



グリップ形状もシートが薄いこともあり



パーミングしやすかったです。


















一般的な河川中心のシーバスルアー(12〜24g)を



メインに扱う事を考慮すると、



83というレングスと硬すぎず柔すぎない



柔軟なベリーが非常にマッチしていると思います。



飛距離も出てキャストフィーリングは抜群に良かったです。



中流域から河口でのシーバスゲームでは



最高のパフォーマンスを発揮すると思います。

















しかしベイトタックルの場合、



スピニングタックルよりも取り回しが効かないこともあり、



河川上流でのシーバスゲームやチニングなどでは



83(6〜30g)というスペックが、



ややオーバータックルに感じました。




どこにメインを持ってくるかという事のような気がします。


















実 釣



6月12日(河川上流でナイトゲーム)



6月15日(河川上流でデイゲーム)



6月22日(中流でナイトゲーム)の3回、



実釣行を行いました。



様々なルアーをキャストしましたが、



20g程度のプラグが最も投げやすかったように思います。



ガイド絡みなどのトラブルもなく、



ベイトでのリバーシーバスゲームを堪能しました。



















釣果としては40クラスのシーバス1匹、



30cm程度のキビレチヌ1匹、



ウグイ1匹と話にならない釣果で



やり取りについて書ける状況ではないのですが



フッキングからランディングまでしっかりと



ティップからベリーが追随していました。



ベンディングカーブもベイトタックルとしては



理想的ではないかと感じました。



たいしたファイトはしていませんが



不安要素は全くありませんでした。



次は大型をかけて



多少強引なやり取りをしてみたいと考えております。



倉永 

























…後日、写真が届きました。



 

 














 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー