Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

中央アルプスから南アルプスへ




気象庁の発表で信州エリアも梅雨入りし、



渇水していた河川は潤いを取り戻してきた。



地域によっては集中的な豪雨で



災害を受けた地域もあり多すぎる雨は困ったもんだ。



今月は出張が続くので暫くは川ともお別れ。



この機会に行っておかなければと思い、



時間を惜しんで川を歩いてみた。




















最初に向かった先は



中央アルプスを水源とする天竜川水系の支流。



久しぶりに入渓するので、



少し新鮮な気持ちもあった。



前日から雨が続き朝まで降った雨の影響か、



やや薄く濁りを出ている様だ。



雨も小康状態となり時折晴れ間が見える。



湿気が体中に纏わりつき不快極まりないが、



こんな状況は魚の活性が高まることが多い。



水温は14℃ほど。



お気に入りのミノーを結んで探ってみた。



思った通り活性はすこぶる高く、



淵ごとに魚が顔を出してくれる。























ヤマト系のイワナだ。



遡行できる限界の砂防堰堤まで行き、



そこから折り返し。



何本もバイトを得られたが、



バラした数の方が多かった。



タックルバランスの重要さを痛感する。



持ち込んだタックルは全てプロトタイプで、



もうちょっと改良したい所が見えてきた。





















一端下界に下り、別の河川に向かってみる。



日は傾き時間は少ない。



思い切って天竜川を挟んで反対側の



南アルプス側の川へ向かってみる事にした。



イワナが釣れたので、次はアマゴが釣りたい。



この河川はアマゴが主体で、



ピンスポットへのキャストが要求される



なかなかテクニカルで面白い川だ。


























入渓すぐに反応を得られたが、寸前で見切っていく。



キャストするポイントと



ルアーを見せる間が狭く大変難しい。



時間も無いので1〜2キャストで見切りながら、



上流の堰堤まで探ってみる事にした。



しばらく進んだ場所でミノーに激しいバイトが出る。



























ヤマメにしか見えないアマゴだった。



写真では見えないが



朱点が尾の辺りに少しだけ確認できるだけで、



ヤマメとのハイブリットだろうか。


























終着点としていた堰堤の一歩手前、



大きな淵に倒木が絡んでいた。



同行したO氏の動きが止まる。



身を低くして水面を凝視している。



どうやら大物が居たようだ。



何度かアプローチしたものの、



結局バイトまでは得られなかったようだ。



お互い、1本づつアマゴをキャッチして



この日は退渓することにした。



さすがベストシーズンだけあって、



先行者の足跡は多かったが、



面白い釣りが出来た日だった。






















TackleData


Rod : ProtoType


Reel : #2000class


Line : MI207N 4lb


Lure : Woodream Arbor 50MD


          LureStadio YAMATO 50S


Wear : AnglersDesign  Wader & Shoes
























JUGEMテーマ:フィッシング


























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー