Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

カッパが釣れる川で遊ぶ





出張が終わり、帰社したのは8月最後の土曜日。



この時期になると南信地区は昼と夜の気温差が大きく、



夜は寒ささえ感じられる。



秋が近くまで来ているようだ。



翌日はY氏との久しぶりに川を歩く予定。



向かう先は南信地区の、とある河川。



行ったことの無い川だったので、ワクワクする♪





















朝遅くに集合(笑)。



釣りを楽しむには、時間は贅沢に使うべきだ。



(朝が弱いとも言うが…)



9時に約束の場所へ到着。



用意を済ましたら、川を覗きに行ってみる。



薄曇りの天気で、気温は摂氏25度。



夏の暑さは感じられない。すこぶる快適な状況だ。



水温は摂氏16度。魚も活性が良ければ良いが…。



狙いは夏アマゴ。夏の魚は陰になる場所を好む。



岸際のボサの下や、岩の周りにタイトなキャストが肝だ。



お互いミノーだけを結び、



目につくポイントを軽快に探っていく。











































テストしているロッドが佳境に入ってきており、



そのチェックもしておきたかった。



発売は未決定だが、好きな方は欲しいと思う。



まぁ、詳細は完成してからのお楽しみ♪




















下流から上流まで探ってみて、



小さな鱒が2匹遊んでくれた。



渓相は良く、適度に淵と瀬で構成されている。



Y氏曰く、だいぶ砂に埋まってきているとの事だ。



キャスト精度を試される川で、投げるのが楽しい。




























釣りの楽しみって、魚が釣れるのも楽しいが、



そのプロセスも楽しみの1つと思っている。



川を選び、ポイントを定め、



ルアーの選択やアプローチの仕方など、



自分で考え試してみる。



最短ルートで魚と出会うのも良いが、



少し遠回りしたって良いのだ。





















駐車場へ戻ったら時刻はお昼過ぎ。



ランチの時間だ。



食堂へ向かい、ユックリと食事を楽しむ。



釣りの話など、色々と話は尽きない。



急いで無いので、お茶の時間も楽しむ。















































第2ラウンドは川を変えて、他の筋へ移動してみる。



どうやら、カッパが釣れる川の様だ。



狙うは大物だ、タックルを少し強めに変える。



さすがにキュウリは持っていないので、



仕方なくミノーを結ぶ。







































水量、水色共に良く、



上流へ向かうごとに魚からのチェイスは増えた。



適度にアマゴが飛び出してくれて楽しませてくれる。



キャストは相変わらず、かなりの精度を試される。



気が付くと日は山に隠れ、夕刻になっていた。






















楽しい時間は早く過ぎる。



カッパは釣れなかったが、贅沢な時間を過ごせた。



8月の最後の日曜は過ぎた。



今シーズン残すは、あと1ヶ月。



どんなドラマが待っているのだろう。






















TackleData


**********************


トラウト向け


Rod:Prototype 


Line:MI-207N 4lb & 5lb


Lure:Woodram Arbor 5S


           Stadio YAMATO 5S


           ぷらぐ屋工房 5S


Wear:AnglersDesign



Angler:Staff Funaki



**********************




カッパ向け(参考資料)


Rod:5m程の竹(極太)


Line:凧糸(極太)


Bait:キュウリ(特大)


Ather:心意気(沢山!)
























JUGEMテーマ:フィッシング
























 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー