Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

新生ヴォルテックス Renewal Hard RockFish Rods



『ロックアイ・ヴォルテックス』がリニューアルとなった。


今作で三代目。


より個性豊かなアイテム郡を目指して開発を行った次第だ。


その開発過程をお伝えしたい。











話は3年程前から始まる。


宮城県石巻市で、ロックフィッシュの


トーナメントについて伺っていた。


お相手は桜鱒のロッドに携わって頂いている佐藤雄一氏だ。


氏はトーナメントの会長と選手を兼任している。


近年の傾向として『遠投』で


誰も探っていないポイントを狙うのがセオリーとの事だった。


それも7'〜7'6"ftが主流だった当時にして、


9'6"のシーバスロッドを使うという。


感度と操作性を考えるとエギングロッドが理想ともいう。


察しの良い方だと分かっかもしれないが、


弊社エギングの最長ロングロッド、


BRIGADE Grace GC96MHをベースにテストが始まった。


これは後に RV91S-H となっていく。










また別の方からも宮城県仙台市で話を伺っている。


お相手は遊漁船『魚心』の伊藤氏だ。


こちらはボートからのロッドについてだ。


オフショアの利点は断崖絶壁なエリアや、


沖に点在するポイントなど、


ショアから狙えない場所を探れることにある。


遠投性能よりは、船上での取り回しや、


感度を重視したいとの事だった。


いくらオフショアのポイントであっても、


近年の人気で魚へのプレッシャーは少なくない。


ショートバイトに対応するため、


瞬間的なフッキングが可能な性能が欲しいともいう。


そして答えはバスロッドへ行き着く。


操作性、感度、パワーの観点から


MagnaImpact MI71B-HHが理想に近かった。


このロッドをベースにロッドを開発が始めることにした。


これは後に RV71B-HH へ繋がる。










2年前に話は変わる。


富山県で話を伺っていた際に、


もっとライトなモデルが欲しいと言われていた。


話のお相手は根魚向けの開発で付き合いが長い蔵野氏。


港湾エリアなど手軽に遊ぶロッドを提案したいとの事だった。


軽量なテキサスリグやジグヘッドリグを扱いやすく、


いざ魚がカバーに逃げ込んでも


強引に対応できるパワーも欲しいという。


流石にイメージに近似するロッドが無く、


全く無からの開発を初めた機種になった。


これは後の RV76S-ML となる。













Fuji社にて新形のリールシートや、


小口径のガイドサイズが発表になり、


ロッドを進化する要素は増えるばかり。


とりあえず前作と同じブランクに、


新形のパーツを組み込んでみた。


小口径のガイドにする事により、


モーメントが改善され持ち重り感(穂先が重い感じ)が少なく、


グリップも細身に出来たことで軽量化に成功できた。


















開発は次の段階に移る。


旧モデルの見直しだ。


時代は進んでも定番の長さはあり、


7'6"前後のレングスでバーサタイルな機種は欲しかった。


前作より選んだのはRV78BC-HとRV78SP-Hの2機種。


ベイトタイプのRV78BC-Hは、


1oz前後のリグを扱いやすくするため、


パワーを1ランク上げ、RV78B-HH となった。


スピニングの RV78SP-H 、アクションはそのままに、


ガイドとグリップを変えモーメントを改善。


RV78S-H となって生まれ変わった。
















2015年4月末頃リリース予定。


次回は機種別に詳細をお伝えしたい。



























JUGEMテーマ:フィッシング




















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー