Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ドラッグフォース ベイトモデル DraggForce BaitCasting Model


JIG-ZAM DraggForce  (New BaitCasting Model)

 JDF581B-G5

 JDF581B-G6

 JDF561B-G7 










多くの支持を集めた ドラッグフォース


ベイトタイプを待ち望んでいた方も多いはず。


今夏にはリリース出来る予定だ。


およそ3シーズンに及んだ開発期間を経て、


日の目を見ることが出来るようになった。


その全貌を記しておきたい。










初めて一般へ公開したのは、2013年の春。


横浜のフィッシングショーにおいて、


『C・N・T素材』と『グラス素材』を掛け合わせた


試作モデルを参考出品した。


そう、今回のメイン素材は『グラス』。


察しの良い方なら、気付いたかもしれないが


グラス素材を100%使用したジギングロッド


『OCEANIA-オーシャニア-』をベースに


C・N・T素材 を配合して作り上げたロッドだ。







(オーシャニアを見直す事から全ては始まった)






(2013年フィッシングショーにて参考出品したサンプル)






なぜグラス?、と疑問に思われただろう。


この素材特性は使用可能なジグウェイトを広げ、


軽いジグから重いジグまで幅広く対応が可能にする。


また、圧倒的な粘り強さと言える。


その強さに『 C・N・T 』を配合したらどうだろうか?。


粘りと粘りを掛け合わせたブランクは、


他が追随しないレベルのモノを作れると見込んだからだ。


ウィークポイントは、自重と反発力の無さ。


カーボンに比べると、軽さや反発力は劣る。


早いピッチでジグにキレを求めるとカーボン素材が


向いていると言える。


逆を言えば、スローなワンピッチで誘うには


グラスが一番適している素材なわけだ。


ベイトタイプにしたことで、


狭いレンジの中で細かな誘いを多く行いやすい。


欠点を有していても、


それを上回るパフォーマンスを持てば


唯一無二のロッドとなるのだ。






















開発の舞台となったフィールドは、


瀬戸内海 来島海峡。


そこは大小様々な島が点在し、干満の差から生まれる


複雑で強烈な海流が出来る。


もちろん水中の変化も激しく、水深60mから20mへ急激に


駆け上がるなど複雑極まりない。


同じく急流のエリアは瀬戸内海に点在しており、


鳴門 や クダコ なども有名なエリアだ。


こういったフィールドに大型の青物が差してくる。


中層に浮いていれば良いが、


大抵は底付近で餌を待ち構えている事が多く、


底が取れなければ釣りにならない。


時として100gのジグを使うことがあれば、


300gでさえも底が取れない場合も多々ある。


水深は浅くてもだ。












(テスト時のタックル)









こうした場所でジグを落とす場合、


スピニングタイプだとレンジコントロールが難しく、


着底が分かり難いと即根掛かりだ。


川の様な激流の中でジグを操り、


根がキツイ事を考えると太いラインが欲しくなる。


そういった事からベイトタックルが生きてくる。


着底した信号を捉えやすいことがベイトタイプの利点だろう。


一日中ジャークを繰り返すことを考えると、


アングラーへの負担を軽減できることが前提だ。


正に オーシャニア は、この釣りにピタリとハマっていた。


OC581B-4OC581B-6 といったモデルが、


今までその役を担ってきたのである。






















しかし、時代は流れ道具は進化する。


もっと細やかな使い分けが必要となってくるのだ。


状況に応じてジグを変え、その変化へ対応していく。


C・N・T素材 や チタンフレームKガイド 、


リールシート形状など、その使い易さは


試作を繰り返される度にアップグレードされていった。













オーシャニア と比べると、 『C・N・T』 の効果で


若干の張りを感じられ、僅かだがカーボン寄りの弾性感がある。


それはプラスの方面へ働き、


ダルさが解消した分、ジグを操作時のブレが少なくなった。


唯一悪いと言えるのは、他のロッドに戻れなくなることだ。


中毒性を持ったロッドなのかもしれない。










次回、各機種に迫っていきたい。お楽しみに。


























JUGEMテーマ:フィッシング


















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー