Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ドラッグフォース ドテラ専用スペック



以前にドテラ専用の必要性について書かせて頂いた。


今回は使用方法についてお伝えしたい。


まだの方はコチラ → 『ドラッグフォース ドテラ専用スペック 






JIG-ZAM DraggForce

JDF5101S-6 (発売中)

JDF5101S-8 (Now Testing)












ロッドだけの硬さをみると、


太いラインに重いジグといった


イメージを持たれる方が多いと思う。


だが、実際に使用するのは


一般的な近海タックルと大きな違いは無い。






船が流されることでジグとの距離ができ、


ラインやジグに掛かる抵抗も


距離が出るほど高まっていく。


あまり太いラインを使用すると、


水のキレが悪くなり


ジグの挙動が分かり難くなるって訳だ。






そこでオススメしているのは、


メーンラインはPE3号、太くてもPE4号程。


リーダーは40〜50lb程が丁度良い。


ジグウェイトはスペック表記してある


Bestウェイトを参考にして頂くのがよい。


また、操作性重視のロッドとなっているので、


ロッド全体が硬いこともあり、


リールのドラッグをあまりキツク設定すると


バラシ易さに繋がってしまう恐れがある。


ドラッグMAX値の7〜8割程度に設定して、


ファイト時にハンドドラッグで寄せる方法がベストと思える。


全てをMAX値に設定しても良いが、


バランスを考え道具を使い切ることで、


釣果は次第に上がっていくと思う。








さて、操作方法だ。


高速リトリーブとロングとショートジャークを織り交ぜた


コンビネーションジャークが基本となる。


ジグの着底を感じたら


出来る限りのスピードで早巻きを行う。


リーリングと一緒にショートジャークで誘いをし


最後にロングジャーク後のポーズでジグに浮遊感を与え


食わせの間を誘発させる。








この際にロングジャークは力まかせに操作するのではなく、


ロッドの復元力を充分に活かしてみると


思ったより疲労感は少なくなる。


復元力が少ないロッドは潮流や風が緩い時は良いが、


船が早く流れるときほど、


戻すだけの力を要してしまい疲れる原因だ。


それが100m以上ラインを出す様な状況になれば、


体に掛かる負荷は顕著に大きくなる。






開発に携わって頂いたH氏の助言によると、


腕だけで操作するのではなく、


腰の捻りを使い全身の太い筋肉を使えば


体への負担は分散され少なく出来ると言う。


確かに初めのうちは腕力だけで強引に扱っていたが、


体幹をベースに腰の捻りを入れてジャークをすると、


驚くほど楽に操作が出来るようになった。






ある程度の練習は必要となるが、


慣れてしまうと専用ロッドの必要性を感じられると思う。


ジギングの中でハードな部類に入るジャークだが、


ドテラ流し時での有効性は抜群だ。


釣れたではなく、釣った気分を存分に味わうなら


ぜひチャレンジして頂きたい。






























JUGEMテーマ:フィッシング


















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー