Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

Twitchin'の進化形 Rayz Spectra RZS51LL Twitchin' Custom


軽量ルアーへの対応に適したTwitchin'モデルの良さは、


キャスト性能の高さと軽量ルアーを操作しやすいことにある。


適度に曲がることでルアーウェイトを感じ易く、


リリースポイントが図りやすい事でキャスト精度が高まる。


トゥイッチング等の操作時には適度な張りを感じられ、


ルアーを軽快に扱うことが出来る。






全国の渓流において重視されるのが正確なキャスティング性能だろう。


狙ったピンポイントへ確実に撃ち込めるには


積み上げてきたアングラーのスキルも必要だが、


それをアシストする道具が有ってこそだ。

 





このロッドを開発して思ったのは、
 

キャスト精度が従来と比べて飛躍的に上がったと思えている。
 

適度な張りが有りながらも曲がるアクションのため、
 

キャスト時にロッドの『しなり』を活かせることで
 

ルアーウェイトを感じやすく、キャストが決まりやすい。
 

糸抜けの良いトルザイトリングの性能から、
 

軽い力で充分な飛距離を稼ぐこともキャスタビリティの向上に繋がった。
 

余計な力が入らないということは、ミスが少なくなるということで、
 

最終的にキャストの精度が高まるということだ。

 


 

また、ルアー操作時のレスポンス向上も素晴らしかった。
 

RZ53ULと比べてブランクの張りを高めることにより、
 

僅かな操作でもルアーに動きが伝わりやすくなっている。
 

(LLというパワー表記は、ULとLと間という意)




 

開発初年度はナイロンライン主体でテストを繰り返し、
 

次年度はPEラインに移した。
 

PEラインを使うと感度とルアーの操作性が飛躍的に高まるが、
 

逆にミス動作が全て伝わってしまうため ピーキーな状態でもある。
 

だがPEラインの操作に慣れてくると、
 

山岳渓流など僅かにしかないピンポイントの中で、
 

何回もルアーにアクションを伝えることが出来るようになった。
 

それは今まで1〜2回だけヒラを打っていたところを、
 

2〜3回ヒラを打てることで魚にアピール出来る回数が増えるということ。
 

その差は歴然で前期より釣果を伸ばしたのは、
 

この機種があったからに他ならない。
 

実践で培ってきたものを色々と詰め込んでみた。
 

ぜひ進化したTwitchin'を手に取って頂きたい。





 

Length : 5'1"(ft)

Lure : 1-8(g)

Line : 1-5(lb)

Price : ¥47,500-(税抜)
 








 
JUGEMテーマ:フィッシング



















 
  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー