Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

ビッグベイト対応モデル BBZ682B-XXK (加筆)

 

 

オフショアにてシーバスを狙っていると、

 


ビッグベイトが有効な時が存在している。

 


ボラやコノシロなどベイトのサイズが

 


20cmを超えるモノを捕食する大型の個体が多い。

 

 

 

 

 


東京湾に例えると、冬場のコノシロパターンに当てはまる。

 


コノシロは冬場に越冬のため湾口エリアへ移動する習性もあり

 


千葉県側を移動する群れを狙って、

 


大型のシーバスがボイルを起こすことが有名だ。

 


シーバスも産卵に向けて移動している個体が多く、

 


大概は餌を飽食した大型の個体がメインとなる。

 


こうした状況は圧倒的にビッグベイトが有効となり、

 


『大型ルアー = ビッグシーバス』の図式となりやすい。

 

 

 

 


さてタックルだが大きいルアーほど有効ではあるが、

 


総じて頻度が高いのは50〜100g程のS字系プラグだろう。

 


また100g程の大型ペンシルベイトも面白い。

 


これらのルアーをキャストと操作が可能で、

 


大型のシーバスの引きにも負けないパワーを持たせたロッドが欲しかった。

 

 

 

 

7ftから始まった試作品は、

 


ペンシルベイトの操作を視野に入れて少しずつ短くなっていき、

 


S字系ルアーと併用出来る長さを求めて6'8"に落ち着いた。

 


レギュラーテーパーに仕上げたことにより、

 


無理なくキャストが行えるアクションとなっており、

 


ユックリとしたフォームで投げることで遠投が出来る。

 


個人的には60〜80g程のルアーが使い易く、

 


ペンシルベイトなら70〜100g程を目安にして貰うと良い。

 


下限としては20g程度のミノープラグが限度。

 


1oz程のスピンテール系プラグも扱い易く、

 


ディープに落ちた大型を狙いにも向いた機種である。

 

 

 

 

 


使用するラインは、

 


PEなら4号程に60lb前後のリーダーを付けるのが扱い易い範囲。

 


PEラインは細くし過ぎると、キャスト時に高切れを起こす恐れもあるので

 


ビッグベイトを使う場合は最低でも3号以上のPEラインを使いたい。

 

 

 

 

ガイドは、ステンレスフレームのKガイド(全てダブルフット)を採用した。

 

 

大型ルアーと太いラインを使用することを考えての選択で、

 

 

太いリーダーでも抜けが良いリングサイズ(φ7〜8〜10〜12)の仕様となっている。

 

 

 

 

 


東京湾だけでなく、各地にてビッグベイトが有効な時は多い。

 


これからのシーズンは落ち鮎の時期ともなると、

 


河川絡みでも大型を狙えることもある。

 


この機会に専用ロッドを手に取ってみては如何だろうか。

 

 

 

 

 

 

 

BAY BLAZE  BBZ682B-XXK


Lure : 20-150g


Line : 16-40lb


Price : ¥39,000-(税抜き)


2016年11月〜12月頃リリース予定。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー