Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

エクストラ・ロング・スペック



このロッドをご存じだろうか?







 

RedFlip RF782B−L

RedFlip RF782B−ML







鯛ラバ専用に開発したモデルだ。

使用されている方も多いはず。






通常、6ftクラスのモノが多いなか、

7.8ftと、少々長い。







今回は、このロッドに焦点をあてて、

開発秘話を紹介。









開発を始める経緯は、

瀬戸内エリアからの発信であった。







『 RF762B−L 』 というロッドがある。

東北地区で、真鯛ブラー・真鯛スプーンと呼ばれる、

地方独特の釣り方に特化したロッドだ。








このロッドを使って、鯛ラバをしてみたところ、

釣果がアップしたというのだ。

それも、隣の方とダブルスコアの差を付けたという。








隣の方は、ごく一般的な6ftクラスのロッド。

他、リールからルアーまで全て同じだったとのこと。

違うのは、ロッドだけ。








どうして、こんなに釣果に影響するのか、

研究してみたくなった。










考えられるのは、



 |擦ぅ蹈奪匹茲蠖い込みが良いのでは?


◆‖召凌佑茲蝓違うレーンを引けるからでは?


 掛けても竿が追従してバラシにくいのでは?












検証してみた結果。





上記全てが当てハマった。










テストをしていた スタッフからの提案で、

キャスティング向けであった、RF762B−Lを、

リアグリップを長めにして、

バーチカル専用にして欲しいとのことだった。









さらに、

硬さ(パワー)を、2種類。 

L と ML クラスの2種類をテストしてみることにした。












これが、当たった!








大変、良く釣れるのである。

長くした分、ノリが良いのであろう。

大抵のバイトを拾い、掛けて行けた様だ。









正直、6.2ftの RF622B−L と RF622B−ML の

存在が危ぶまれる程だった。











だが、欠点もある。


長くした為、取り回しは悪い。

でも、それを凌駕する程の釣果が伴えば、

何も臆することは無い。










商品化するにあたって、随分悩まされた。

とある遊漁船の船長からも、

「 そんな長いと、船竿と変わらんな〜 」など、揶揄された。









何事も逆境こそ、チャンスというモノ。

それなら、2機種を同時に展開しようと考えたのです。











発売して2年。










相変わらず売れ続けているのは、

認められているからでしょうか。









まだ、ご使用されたことの無い方。

もう一歩、鯛ラバの深みを知りたい方。

ぜひ、オススメですよ。



























  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー