Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

マグナムの称号









ルナキア・マグナム













今年のカタログに載せて半年経ってしまいました…。



スミマセン、長らくお待たせしました、



これより準じ発売していきます。



今回は、ルナキアシリーズを語るうえで、



その発端となった初代から話を始めます。



















初代ルナキア のコンセプトは、



チューブラーティップを持ち、軽量で高感度で



適度に張りを持たせたメバルロッドでした。



発売されたのは、ソリッドティップが全盛だった頃。



メバルロッドにおいて、感度を求めるなら



チューブラーが良いと広まる直前ごろです。



また、アクションも乗せるイメージが強く、



比較的ソフトなロッドが多いなか、



バスロッドに近い張りを持たせていました。



積極的にアタリが有ったら掛けていく



攻めのスタイル向けのシリーズでした。



時代は同じくして、



ルナキアと同じアクションのモノが増えていきました。



(どうしても流行している時は同じ様なモノが増えます)















初代 ルナキア













この初代には副産物的なモノがありました。



それは想定外のバットパワーでした。



一部の愛好家から、メバルだけに留まらず、



様々なターゲットを狙って楽しんでいると



連絡を頂くようになったのです。



メバルを楽しんでいる方なら、



一度はシーバスやチヌなど



予期せぬ大物が掛かってしまうことは有るかと思います。



それを逆手に取って、ライトタックルで遊ぼうとしたのです。



少なからず私も楽しんでいるクチで、



シーバスやチヌ、メッキ、カマス、タチウオなど



幅広く使っていました。



(※初代は、同じ使い方をしても保障できません…)。










































さて、今作の マグナム は初代の血統を色濃く引き継ぎ、



さらに昇華しています。



ソニック は、感度を優先して造りました。



それは、アジングを代表する速掛け に対応してのことです。



対して マグナム は、軽量で高感度という点では同じですが、



ブランクのパワーを強く設定しました。



















前述のメバルだけでなく、



それ以外のターゲットにも着目し、



状況に応じて様々な遊び方を可能にします。



ソニック ほどの張りは無いテイストで、



ティップの固さだけなら初代と同等です。



しかし、軽量になっている分、感度が高くできています。



そして、 『しなやか』 なアクションに仕上げましました。




















メバル向けのルアーは往々にして



ステディリトリーブを目的に作られていることが多いわけです。



張りが強すぎると、アタリを『弾く』ことが頻発します。



従って、ティップは ソニック よりソフトに設定しました。


















ちょいと長く書きすぎました、



各機種の紹介は次回としましょう。



















  • にほんブログ村 釣りブログへ

チヌを求めて 浜名湖



先週、東京湾でシーバスを狙っていたとき、

隣の方が大きなチヌを釣っていた














まだ読んでいない方は、こちら↓

東京湾クルーズ ショアからも












大きな魚を見ると、釣りたくなるのが釣り人のサガである。








そんな事をスタッフと話していると、

「 チヌか〜、キビレも釣りたいな 」

「 それなら、浜名湖じゃないかい 」

…ということで、





浜名湖 に行ってみた。









先日の台風の影響で、

湖の半分が茶色に濁っており、

ポイントを探してウロウロ。












潮通しがよく、水色が良い岬付近を探ってみる。







この日、選んだタックルは…



スワット SW71ML Jerkin'











浜名湖 + キビレ = ポッパー という

安直な考えから、

ショアからポッパーを使いやすいタックルを選んでみた。






アマモが広がるシャローの外側に急なブレイクがあり、

右から左へ強めのカレント。






石積みに当たり、潮目がヨレているところを集中的に狙ってみる。







バフッ!!と音と共に、ルアーが水中に引き込まれた、





初めは本命かと思われた、

ジャンプをしたことでシーバスだったことが判明。

40cm程度。あっさり寄せて抜きあげる。





ボチャッ…と音と共に、魚は水中に帰っていかれた。

魚が暴れて、針から外れたのでした。








あっちこっちへ、移動しながらポイントを探ったが反応なし。










久しぶりのプライベート釣行。

たまには、他の魚種も遊んでみたくなった。

ロッドを、ルナキア LKT73M に替える。




中通しオモリ 1号、ヨリモドシに、

ハリス0.3号、ハゼ針7号を装着。

カッコ良く言えば、『 キャロライナリグ 』である。

これに、イソメワームを付けて投げてみる。




面白いくらい反応がでた



アナハゼ



ネズミゴチ



マハゼ



ワタリガニ?




何でも釣れてくる

こんな釣りをするのも久しぶり、

童心に返ってはしゃいでしまった





ヤドカリまで捕まえました。









夕刻になり、辺りが暗くなり始めた頃。

もう一度、本命を探ってみる。





ルアーを、ジグヘッドに小型のワームを付けてみる。

ロッドは、そのままルナキア











しばらく探っていたら、スタッフM・Oにバイトがあった。

…が、バラした。






もう少し粘ってみたところ、またスタッフM・Oにバイト!

…が、またバラした。

魚は居るんですけどね〜。

最近よくバラすんです、この方。






バイトも遠のき、納竿することとした。

たまには、違った角度から遊ぶのも楽しいですね。

また、遊びに行こうと思います





  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー