Staff BLOG

ロッドメーカー天龍(テンリュウ)のブログです。新商品紹介や釣具開発の裏話、釣りコラムなどロッドの特徴を綴っています。

風来坊×西陣織 【本公開】 数量限定生産

天龍テンカラ風来坊 

 

TF39別誂(ベッチョウ)


全長:3.9m 継数:8本 仕舞寸法:58cm


Price:¥87,000(税抜き)


2018年2月リリース予定(数量限定生産)


ご予約承り開始致します(お近くの釣具店様へお申し込み下さい)


☆完売致しました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

『伝統への挑戦』


西陣織と出会って、通常のカーボンロッドとは違う深みを感じられる様になった。

 


日本独自で築かれた伝統と最先端の技術を融合したことで、

 


数値では現しきれないデザインを醸し出している。

 

 

 


  西陣織について→「天龍×西陣織」2016年12月13日掲載記事

 

 

 


今までは西陣織をパイプ状に加工し、ロッドの一部に採用する事が出来ていた。

 


グリップの一部や、ブランクのバット部に入れる事で独自のデザインを表現している。

 


だが職人の求める域は高く、出来る事なら竿全体に西陣織を入れてみたいと思っていた。

 


2017年度のフィッシングショーにおいて、

 


弊社ブースに展示したサンプルを覚えている方は居るだろうか?

 


ジギングロッドやシーバスロッド、トラウトロッドのブランク全てに西陣織をあしらった

 


試作サンプルをテクノロジーコーナーの一角に展示していた。

 


職人が挑戦していたのは、穂先まで西陣織を入れることである。

 


厚く硬い素材を、細いマンドレル(鉄心)に巻付けるには熟練の技が必要で、

 


たとえ巻けたとしても安定して綺麗な目(模様)を出すのが困難だという。

 


それなら更に薄く仕上げた素材ならどうか?と、マテリアル面からも改良を加える事になった。

 


西陣織の織師の技によって通常でも細い何百何千ものカーボン繊維を、

 


更に細くし薄く仕上げた西陣織クロスが出来てきたのである。

 


この薄く仕上がった西陣織クロスを使い、細く巻き上げる技術を確立していった。

 

 

 

 

『TF39との違い』

 


別誂とは別誂え(べつあしらえ)の意を持ち、

 


嗜好という点で面白さを引き立てることを意識した。

 


外装は見ての通り全くの別物に仕上げてあり、

 


振り調子においても若干の味付けを変えてみた。

 


基本となる調子は【7:3】から変更せず、

 


カーボンの弾性率を少しだけ高めて僅かだが張りを持たせてみた。

 


レベルラインを気持ちよく振れる調子を意識して調整を行い、

 


シャープな振り抜け感と綺麗に曲がる調子を味わって貰いたい。

 


また、専用のロッドケースも付属する。

 


こちらもパイプ部分を西陣織仕様になった特別仕様だ。

 

 

 

 

 

TF39別誂

 

 

 

 

『限定生産』

 


この竿を仕上げるには、通常では考えられない手間と時間を要する。

 


職人が経験と工夫で作り上げていくのだが、

 


型にハメ込んで作るのではなく、1本ずつ巻き上げていき立体的なグリップに仕上げていく。

 


マス・プロダクションとは程遠い、工芸品を作る作業に近いだろう。

 


文字では数行で済む表現だが、この間には職人達が培ってきた技術を駆使し、

 


トライ&エラーを繰り返して出来ている。

 


作りたいのは、伝統と文化を融合した竿ということ。

 


TF39の開発秘話で紹介したが、30年以上前の竿から発展した竿が

 


幾人もの手を経て新たな境地に至ってきている。

 


大量に作れないモノではあるが、竿に込めた職人の『粋』を感じ取って欲しい。

 

 

 

Staff Funaki

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

 

 

  • にほんブログ村 釣りブログへ

  • にほんブログ村 釣りブログへ
  • GyoNetBlog ランキングバナー